Planet Blue

Archive for the ‘アートワーク’ Category

南野陽子 「さよならのめまい」

EPを買ってきたので、ジャケットをスキャン。
レコードを再生できる機器はないので、ジャケのスキャンのみが目的です。

古いレコードのジャケットは色が褪せていたりするケースが多いので、それを補正するのか、経年劣化も味とするのか迷うところもあるんですが、私は「これデジカメで撮ったんですか?」っていうぐらい補正します。 レコードメーカーのロゴとかも消しちゃいますね。
でも、バーコードはこれだけ大きいと消せませんね。 なんで、ジャケットの表面にバーコードを印刷しちゃうんだろ。

やっぱりナンノは伊丹出身ってとこがポイント高いです。
伊丹にこんなに綺麗な人がいたなんて信じられない。
趣味は日記を書くこと。
アイドル時代の日記とか出版すれば売れそうな気もしますけどね。

Written by firefennec

2012年 4月 30日 at 21:49

カテゴリー: アートワーク

Gamma Ray 「Somewhere Out In Space」

ガンマ・レイのアルバムでは今でもこれが一番好きですね。
名盤だと思います。

Written by firefennec

2012年 4月 26日 at 00:08

カテゴリー: アートワーク

CoCo 「Strawberry」

CoCoで一番好きだったのは三浦理恵子でした。
「なぜ彼女がセンターじゃないのか」とずっと思っていたんですが、最近ライブの映像を見る機会があって、それを見ると瀬能あづさが一番輝いてますねぇ。

もちろん、生で歌うと歌唱力の違いは出てきます。 特にソロで一人一人持ち歌を披露するパートがあって、それだと更に差は歴然とします。 ただ、その歌唱力の差を差し引いても、瀬能あづさが一番光ってます。
瀬能あづさがセンターだったのは間違いじゃなかったということなんでしょうね。

Written by firefennec

2012年 2月 4日 at 13:13

カテゴリー: アートワーク

前田愛・亜季 「Don’t Cry」

Written by firefennec

2011年 6月 9日 at 02:47

カテゴリー: アートワーク

クレア アーカイヴス

Written by firefennec

2011年 5月 19日 at 23:38

カテゴリー: アートワーク

Yngwie Malmsteen 「Fire & Ice」

最近、個人的にネオクラシカルブームが来ております。
イングヴェイは何を弾いてもイングヴェイですからね。
そういう意味では安心のブランドというか何というか。

このアルバムはアメリカ市場を意識したアルバムだったんでしょうかね。
アメリカ市場向けというと嫌な予感しかしないと思いますが、その嫌な予感通りのサウンドですね。

Written by firefennec

2011年 3月 10日 at 21:22

カテゴリー: アートワーク

Gamma Ray 「Land Of The Free」

iTunesにもありますが、自分で作ってみたので・・・。

Written by firefennec

2011年 2月 18日 at 01:48

カテゴリー: アートワーク