Planet Blue

無線LANルーターを買い替え

自宅の無線LANルーターは、Aterm WR7600Hを長く使っていました。故障することもなく、安定して接続できていたので、特に買い替える必要もなったんですね。ネット回線を1Gに変更しても WR7600H は換えていませんでした。ルーターがボトルネックになってるような気がしたんで、TP-Link Archer A10が別売りのスタンド付きで安かったタイミングで、試しに買ってみました。

1階のリビングにあるルーターから2階の自室のPCに有線LANで接続しています。ルーターを交換して、ブラウザから「クイックセットアップ」で接続設定しようとしたら、回線の自動検出でエラーが・・・。エラーコードは5511。

このエラーが解消できなくて、サポートに電話しました。サポート電話はすぐに繋がりました。

サポートからは「ルーターをリセットしてほしい」と言われたんで、爪楊枝でルーターのリセットスイッチを押して、ルーターを初期化しました。

接続設定をクイックセットアップではなく、基本タブのインターネットから、自動検出ボタンを押さずに、インターネット接続タイプをPPPoE、ユーザー名とパスワードにプロバイダから提供された認証IDとパスワードを入力すると無事繋がりました。

何が良くなかったのかはよく分からないけど、回線の自動検出でコケたのかなと。

Aterm WR7600H
Archer A10

回線速度が10倍になりました!

Aterm WR7600Hで言うところのポートマッピング、ポートの開放は詳細設定タブのNAT転送メニューにある「仮想サーバー」という項目で行なえます。

1万円以下のルーターの交換で、ここまで回線速度が変わるなら、もっと早く買っておけばよかったですね。

Written by firefennec

2019年 6月 10日 @ 21:48

カテゴリー: PC