Planet Blue

電源ユニットの交換でKernel-Power 41 が直った

ある日突然、アイドル状態の時にPCの電源が落ちてWindowsが再起動を繰り返すようになってしまいました。別に高負荷なゲームをやってたわけでも、動画を見ていたわけでもないんですけどね。たまにWindowsの起動に成功すると、その後しばらくは普通に動いて、突然落ちて再起動を繰り返す。症状に再現性が全くない。Windowsのイベントビューアーを見ると、Kernel-Power 41 エラーが出ていました。

Kernel-Power 41を調べて、いろいろと対策は打ちました。

・電源のコンセントを変更
→効果なし

・ 電源オプションを「高パフォーマンス」に変更
→効果なし

・ページングファイル再作成
→効果なし

・グラフィックカードのドライバをアップデート
→効果なし

・マザーボードのBIOSをアップデート
→効果なし

こうなるとハードウェアの故障を疑うしかない。

・ Windows メモリ診断でメモリをチェック
→異常なし

・CrystalDiskInfoでストレージの状態確認
→異常なし

電源ユニットの故障の可能性が高い?

そこでSeasonic SSR-650FXを購入。ついでにボコボコだったPCケースもFractal Design R5に交換。CPUをi5から中古のi7に交換。CPUクーラーも交換。

ケースにマザーボードを移し替える時に、メモリ、グラフィックカード、サウンドカードの端子にコンタクトスプレーを付けて挿し直しました。マザーボードのボタン電池交換とCMOSクリア。

これらをやったところ、 Kernel-Power 41 直りました。電源ユニット交換時にいろいろと他の対策もしたので、どこが原因だったのかはっきりとは分かりません。やはり電源ユニットだったのかなーと。

広告

Written by firefennec

2019年 6月 1日 @ 22:30

カテゴリー: PC