Planet Blue

Nikon Z7/Z6の最大の欠点はF5.6まで実絞りになること

Nikon Z6が先行展示されていたんで触ってきました。
絞り動作がF5.6まで実絞りになってしまうのはかなり気になる。

F5.6まで絞られる仕様だと、暗所で絞った場合のAF速度や精度で開放測距のEOS Rに劣るということになる。特に明るいレンズを付けて絞った場合に、その差は無視できなくなるはず。三脚にカメラを設置して大きく絞って取るような場合、例えば商品撮影や長時間露光するような撮影でのピント合わせもし難くなる。

キヤノン機の優れているところは、デジタル一眼レフのライブビューでも開放絞りになるところ。ライブビューでのMFでのピント合わせが非常にやりやすい。スタジオで商品撮影をするカメラマンや、天文写真を撮る人にキヤノンユーザーが多いのはこの辺に理由があるんじゃないかな。

実絞りだと被写界深度が反映されるから、AFが遅くなっても被写界深度を確認しながら撮影したいというニーズももちろんあるはず。なので、開放絞りと実絞りを選択できるようにするのがベストだとは思う。どちらかしかできないのであれば開放絞りのほうがいい。

もう1つ気になったのは、再生メニューで撮影直後の画像確認を「する(画像モニター表示のみ)」に設定すると、ファインダーから目を離しても背面モニターに撮影画像が表示されないということ。ライブビューで撮影した場合には、背面モニターに撮影画像が表示される。ファインダー撮影した場合には、ファインダーから目を離して背面モニターを見ても何も表示されない。つまり、ファインダーで撮影して、背面モニターで撮影画像を確認するというデジタル一眼レフでは普通の動作ができないんだ。

撮影直後の画像確認を「する」に設定すると、ファインダーから目を離した場合、背面モニターに撮影画像が表示される。しかし、この設定にするとファインダーから目を離さないとファインダーに撮影画像が表示されてしまうことになる。どう設定してもデジタル一眼レフと同じにならない。

これはEOS Rもα7 IIIもできないからニコンだけができないというわけではないんだけど、ニコンだからこそできてほしかった部分だなぁ。

後、Z6の露出はアンダー傾向。EOS Rと比較すると輝度差のある場面では2/3段程度アンダーなんじゃないかな。私はアンダー傾向のほうが白飛びし難いので好きなんだけど、普通の人の感覚だとどうなんだろう。

広告

Written by firefennec

2018年 11月 15日 @ 21:25

カテゴリー: カメラ