Planet Blue

EOS Rは撮影画像を背面モニターのみの表示にできない?

EOS Rを触ってきました。思ったよりも随分マニアックなカメラだなと。ちょっと良い6D2という位置付けらしいけど、6D2ではできないカメラ内でのファイル名の変更もできるし、非常に細かな項目のカスタマイズができる。自分の好みに合わせてダイヤルやボタンの機能をカスタマイズして、初めて本領を発揮するカメラ。レンズにコントロールリングを付けて、ダイヤルを3つにしたのはSony NEX-7を思い出した。

キヤノンやニコンのデジタル一眼レフのダイヤルが2個なのは、フィルムカメラの操作性を受け継いでいるから。フィルムカメラだとISO感度はフィルムを入れた時点でまず固定。フィルムにDXコードが付いていれば設定の必要もなかった。なので後は、絞りとシャッター速度を設定するダイヤルが2個あれば十分だった。デジタルの時代になってISO感度を自由に変えられるようになった。本来露出は絞り、シャッター速度、ISO感度で決まるから、この3つをダイヤルで操作したいというニーズが当然出てくる。そのニーズに応えたのが、ダイヤルを3つにしたNEX-7だった。しかし、どうやらこれはあまり受け入れられなかったらしく、このチャレンジはNEX-7だけで終わってしまい、従来通りの2ダイヤルのNEX-6がα6000系となって現在でも続いている。EOS Rの操作系が受け入れられるのかはとても興味深い。

EOS Rを試していて気になったのは、EVFに撮影画像が表示されること。これは普段デジタル一眼レフを使っているとかなり気になる。ファインダーに撮影画像が表示されてしまうと、ファインダーで動態を追っていた場合、被写体を見失うことになる。デジタル一眼レフのように、ファインダーには撮影画像を表示せず、背面モニターのみに表示するようにしたいんだけど、それをできる設定が見つけられなかった。

Nikon Z7だとファインダーに撮影画像を表示せず、背面モニターのみに表示する設定にできる。EOS Rでこれができないとしたら致命的な欠点だと思うんだけど、誰も書いてないんだよねぇ。こういうところを気にするのって、私だけなの?

広告

Written by firefennec

2018年 11月 10日 @ 21:32

カテゴリー: カメラ