Planet Blue

これからヤフオクをやる人に本当に知っておいてもらいたいこと 最新版

以前同じタイトルで記事を書いたんだけど、支払い方法がYahoo!かんたん決済のみとなり、受取連絡をしないと出品者に売り上げが振り込まれなくなるという非常に大きな変更があったので、新たに記事を書き直しておこうと思います。

ヤフーのIDを作ったらやっておきたいことが2つある。1つ目がヤフーのIDを作ると自動で作られるWebメールのメールアドレスを変更しておくこと。このアドレスを変更しておかないとこのアドレス宛に直接取引を持ちかけるメールが来ることがある。特に有名だったのが次点落札者に直接取引を持ちかける次点落札詐欺メール。入札者と評価ページのIDが暗号化されて以降はあまり聞かなくなりました。しかし、直接取引を持ちかけるメール自体が送れなくなったわけではない。オークションを始める前に予めメールアドレスを変更しておいた方がいい。

2つ目がログインIDをシークレットIDに変更すること。メールアドレスや電話番号でログインできる設定にはしない方がいい。パスワードも使い回さない方がいい。ヤフオクのIDをクラックされると本当に大変なことになりかねないので、オンラインバンクの口座のような感覚で設定しておいた方がいい。

オークションに参加する前に、多くの出品者が新規IDの入札をお断りしているということを頭に入れておかないといけない。これは新規IDによるいたずら落札が多いというのがその理由。

落札されるが連絡や支払いがない→落札者の都合で削除する→落札者に自動的に悪い評価が付く→出品者に悪い評価を付ける

これがヤフオクの典型的ないたずら落札。このようないたずら落札は落札者に悪い評価が付く関係上、評価数の少ない捨てアカで行われるケースが多い。そこで出品者は新規IDからの入札はお断りして、落札させないことで対抗しようとする。これは「落札後にキャンセルした落札者が出品者を評価できる」というヤフオクの仕様に根本的な原因がある。

新規お断りの出品に新規IDで入札しても取り消されるだけなので、とりあえず最初は新規お断りではなく、低価格な即決価格の設定された出品から始めてみるのがいいのではないだろうか。即決価格を設定しているということは、即決価格であれば新規に落札されてもいいと思ってるということだからね。

ヤフオクで最も重要なのが出品者の見極め。私がヤフオクをやってきて、お金を払ったけど商品を送ってこなかっただとか、写真とは別の商品が届いたということは一度もない。しかし、「不具合を把握していただろう」、「商品の状態をごまかしただろう」と思うような品物に当たったことは何度もある。そういう出品者に当たらないためにどうすればいいのか。

まず最初にチェックするのがタイトル。超美品だとか極上品だとか状態をオーバーに表現する語句を入れている出品者は信用できない。ジャンクレベルの品物に美品と付けてるケースも多い。返品不可の出品で美品だの極上だの言っても説得力はない。そんなに状態に自信があるなら返品可で出品しろという話だ。検索ワードやキャッチコピーを入れている出品者もマイナス評価。商品名と型番以外に余分な情報を付けていればいるほど評価は下がる。

次に見るのが評価。同じ良い評価100でも、1円画像を買って集めたものと、実体のある品物を売って得た評価では意味合いが全く異なる。評価の内容を見ることが重要。悪い評価やどちらでもないがあったら、コメントをチェックする。取引が行われずに付けられた悪評価はいたずら落札なので気にしなくていい。しかし、届いた商品の状態について具体的に書かれた悪い評価があれば、その評価に対する出品者のレスポンスも含めて重視する。評価数は100件以上、良い評価の割合は98%以上はほしい。

出品者がその他に何を売っているのかをチェックする。出品点数が概ね20点をこえていれば、その人はどこかで商品を仕入れてオークションに流している業者。業者は自分が出品している商品に関する知識がないことが多い。商品知識がなく使用状況も不明だから、「写真を見て判断してください」といった内容の出品になりやすい。このような出品では、写真を見てもわからない不具合があるケースがある。

意外と出品者の人柄が現れるのが配送方法の設定。「発送日までの日数」の設定は必須ではなく任意。ちゃんとした出品者なら発送日までの日数は設定してある。発送方法に梱包サイズや送料が明記してあり、入札予定者が予め送料を計算できるように設定されているかどうかが重要。梱包サイズや送料が明記されていない出品はリスクがある。

そして写真。自分で撮った写真がない出品は無在庫販売。1枚目にメーカー写真を載せて、2枚目以降に自分の撮った写真を載せている出品者もマイナス評価。メーカー写真は実物ではないからだ。傷や汚れなど出品者からすると見せたくない部分のアップの写真があればプラス評価。写真はライティングや撮り方を工夫すれば、実際よりも商品の状態をよく見せることができる。写真だけでは判断できない。

最後に商品説明文。いつどこで購入した品物なのか、商品の使用状況や状態が具体的に書かれているのかを見る。実物を手にとって確認できないのだから、商品の悪い部分を先に説明するのが当たり前。それを後回しにして宣伝やセールストークが書かれているようなら入札は行わない。中古品であれば使用痕はある。そこをごまかさずに書かれているかが大切。

これらの項目をクリアして、良い評価に定型文ではなく手入力で「届いた商品の状態が良かった」といった内容のコメントがされている出品者なら、まず外れはないはず。

入札する前に商品や取引についての不明点は質問しておいた方がいい。落札後に質問するのは、出品者からすると不愉快。落札者の都合で削除されてもやむを得ない。

終了間際に深追いしないように、予め相場を調べておいて出せる金額の最大額を一度だけ入札するのがいいように思う。一度入札すると、その入札は取り消せない。質問欄から入札の取り消しを出品者に依頼しても、入札を取り消すかどうかの判断は出品者に委ねられている。出品者がオークションを見ているとは限らないので、入札は取り消せないと思っておいた方がいい。

商品を落札できれば、取引情報の連絡から支払いまで落札した当日中に終えてしまうのがコツ。オークションの大半は夜9時から11時の間に終了時間が設定されている。落札後の連絡を翌日にしてしまうと、もし翌日に急に予定が入った場合、落札から24時間以内に連絡が取れないということになる。そうなると落札者の都合で削除されかねない。落札者は削除されると自動的に非常に悪い評価が付く。欲しい物が落札できたら、間髪入れずに支払いまで終えてしまうに越したことはない。

落札後のキャンセルはしない方がいい。キャンセルすると落札者の都合による削除となって、自動的に非常に悪い評価が付く。キャンセルしても評価が残らないフリマアプリとは違う。評価数の少ないうちにキャンセルによる悪評価が付くと、その後の入札に支障が出てくる。キャンセルするぐらいなら、取引した後に即出品した方がまだいい。

商品が届いたら出来るだけ早く受取連絡をした方がいい。受取連絡をしないと出品者に売り上げが入金されない。追跡番号付きの発送方法の場合、落札者が受け取ったかどうかは出品者からも分かる。受取連絡が遅れるとマイナス評価を受けかねない。商品が届かない場合は、ヤフーに不着連絡を入れれば返金されるはず。

商品に満足できれば出品者に「非常に良い」評価を付ける。ネット通販と違ってヤフオクは出品者自身が梱包や発送を行っている場合が多い。その点を踏まえて心のこもったコメントを記入するのが人間として当然。

つまらない理由で出品者に悪い評価を付けない方がいい。どうしても良い評価を付けたくないなら、評価はしないで終わらせる。出品者に悪い評価を付ければ、同じ評価が返ってくる。第三者からは実際の取引や商品がどのようなものだったかは分からない。落札時の評価に悪い評価が付けば、入札が取り消されるケースも出てくる。商品や取引に満足できなかった場合は、入札前の出品者の見極めが不十分だったということだ。

広告

Written by firefennec

2018年 3月 14日 @ 21:09

カテゴリー: ネット売買