Planet Blue

フルサイズミラーレスがほしい

そもそもミラーレス機の一眼レフに対する長所は何かというと、ミラーショックがないこと。本質的にミラーレス機はミラーショックのような微細な振動に敏感な、風景撮影や物撮り、マクロ撮影などをしているカメラマンに向いている。そういった撮影をする場合には、三脚を立ててミラーアップ撮影するのは当たり前。たとえ一眼レフを使っていても、ミラーもプリズムも使っていないわけだ。使わないなら最初からなくていいんじゃないかと考えるのは自然な話。

風景撮影で重要なのは、センサーの画素数やダイナミックレンジといったセンサー性能。物撮りで重要なのは、テザー撮影での使い勝手や外部フラッシュとの連携。こういった撮影では通常マニュアル撮影なので操作性も重要。しかし、センサー性能や操作性の優れたミラーレス機はなかなかリリースされなかった。それはミラーレスを始めた当初に、ミラーレス機を小型軽量を売りとした初心者向けのカメラとして売り出してしまったからだ。ミラーレス機の普及が遅れたのは最初にターゲットとする対象を間違えたからだ。

その間違いに気がついたのがフルサイズミラーレス機を出したソニー。センサー性能で一眼レフに劣らないカメラを出したことで本来ミラーレスに向いたユーザーがミラーレス機に目を向け始めた。ピクセルシフト撮影やシンクロターミナルを搭載したα7R IIIは明らかに風景撮影やスタジオ撮影を主体としたカメラマン向けに作られている。動体撮影を主体とするカメラマンがそう簡単にミラーレスに乗り換えるとは思わないが、静物撮影を主体とするユーザーのソニーへの乗り換えが加速するのではないだろうか。

自分も静物主体なのでミラーレス機に乗り換えたいんだけど、フルサイズミラーレスの選択肢がソニーしかないというのがネック。ニコンやキヤノンがフルサイズミラーレス機を出してくれば面白くなると思う。センサーがフルサイズというだけではなくて、一眼レフでできることは全部できるミラーレスでないと意味がないんだけど、その辺がどうなるのか・・・。

広告

Written by firefennec

2018年 1月 12日 @ 22:19

カテゴリー: カメラ