Planet Blue

Archive for 1月 2018

ラクマでモノが売れない本当の理由

ラクマは売れない、売れないって書いてる人が多いんだけど、「じゃあ、何で売れないの?」となるとその理由をきちんと把握できてる人はいない。なので、私が書いておこう。

隠す必要もないので結論から書くと、ラクマでモノが売れないのは「返品不可での出品が認められているから」だ。

ラクマで購入手続きをしても出品者の個人情報は購入者に開示されない。そして返品不可での出品が認められている。これはどういう事かわかる?

どこの誰とも分からん人から何が届いても返品できません。

ということだ。この状況であなたはモノを買う?私なら買わないな。実際、ラクマでモノを買ったことはないし。売ったことはある。今思うと売れたのが不思議。

もちろん、変な物が届いた場合、受取評価をしなければ出品者にお金はわたらない。が、かと言って返金されるわけでもない。例えば偽物が届いた場合、ラクマの事務局に「偽物が届いたので返金してほしい」と言っても、「当事者同士で話し合ってください」という回答しか得られない。偽物を送ってくる出品者が返品に対応してくれるはずはなく、「返品したい」、「返品は受けられない」というやり取りが、どちらかが諦めるまで続くということになる。

よく比較されるメルカリだと、同じ状況の場合、出品者は返品に応じなければならない。返品に対応しないと購入代金が購入者に返金される。ここが決定的に違う。

販売手数料無料なんて購入する側には何の関係もない。ラクマは購入する側にとっては単にリスクが高いだけの市場だ。なかなかモノが売れないのは当然の話だろう。

広告

Written by firefennec

2018年 1月 29日 at 22:28

カテゴリー: ネット売買

入札しない方がいい出品者

現在のヤフオクで最も詐欺の可能性が高い出品者は、1円画像や1円情報を売買して評価数稼ぎをした上で高額出品をしている出品者。出品される品物は人気のあるデジタル家電が多い。

続きを読む »

Written by firefennec

2018年 1月 15日 at 21:44

カテゴリー: ネット売買

フルサイズミラーレスがほしい

そもそもミラーレス機の一眼レフに対する長所は何かというと、ミラーショックがないこと。本質的にミラーレス機はミラーショックのような微細な振動に敏感な、風景撮影や物撮り、マクロ撮影などをしているカメラマンに向いている。そういった撮影をする場合には、三脚を立ててミラーアップ撮影するのは当たり前。たとえ一眼レフを使っていても、ミラーもプリズムも使っていないわけだ。使わないなら最初からなくていいんじゃないかと考えるのは自然な話。

続きを読む »

Written by firefennec

2018年 1月 12日 at 22:19

カテゴリー: カメラ

EOS 5D2とLightroomでのテザー撮影

EOS 5D2とLightroomでのテザー撮影の自分のための覚書。

5D2とPCをUSBケーブルで接続して、Lightroomのファイルメニューから「テザー撮影」を選択すれば、テザー撮影ができる。Lightroomからカメラの設定を変更したり、フォーカスを調整したり、ライブビュー映像を見たりすることはできない。カメラのシャッターを切ったら、ライブラリに自動で撮影画像が転送される。それだけの機能。

テザー撮影をした状態で、5D2の背面液晶は使用可能。背面液晶のライブビュー映像を見ながらピント合わせを行える。レリーズケーブルでシャッターも切れる。背面液晶で撮影した画像の表示も行われる。撮影した画像はカメラ内のCFに記録される。つまり、PCとカメラ内のCFの同時記録ということになる。

ここで疑問なのはニコン機だとどうなるのかということだ。ニコン機の場合、テザー撮影中に背面液晶は使用できないという話を見たことがある。D850のファンミーティングで聞いたときもできないという回答だった。ただ、そのテザー撮影というのがLightroomでのテザー撮影をさしたものかは不明。自分で確認していないのでよくわからないんだな。これができないとニコンに買い換えるのは難しい。

Written by firefennec

2018年 1月 1日 at 22:39

カテゴリー: カメラ