Planet Blue

ホンダドリームフェスタ 2017 in 舞洲スポーツアイランド

とsホンダドリームフェスタには毎年参加してるんですが、ネットでの予約はサイトを見たときにはすでに埋まっていたので、ホンダドリームさんの店頭で予約して行ってきました。当日の受付は無し。

朝9時30分ぐらいに舞洲に到着したんですが、すでに受付には長蛇の列ができていました。貰えた試乗券は4枚。こういった試乗会では一部の車種に人気が集まるんですが、CBR1000RRとCBR250RRの人気が高かったですね。どちらも試乗車は5台あったんですが、それでも長い待ち行列ができていました。あと、VFR系が試乗車が1台しかなくてこれも待ち時間が長かったですね。

私のお目当てはX-ADVとCRF250 RALLY。各々試乗車は5台あったのですぐ乗れました。

最初に試乗したバイクはX-ADV。エンジンやDCTはNC750シリーズと共通、フレームやサスペンションは独自設計ということなんですかね。NC750Xと比べるとDCTのギクシャク感はなくなっていましたが、シートや乗り心地が硬い。路面の細かな凹凸をそのまま伝えてくる。感想はインテグラを流行のアドベンチャー風にしましたという感じ。スタイルがアドベンチャー風なだけで完全なオンローダー。デザインやコンセプトが先走っていて乗り心地が良くないのが印象として悪かった。

2台目の試乗はCRF250 RALLY。こちらはX-ADVとは逆に完全なオフローダー。このシートだと20分でお尻が痛くなるでしょうねぇ。直進安定性が低くライダーの姿勢に敏感過ぎで、長距離走ると相当疲れるはず。ロングツーリングなんて私にはとてもじゃないが不可能でしょうねぇ。ダートをスポーティに走るならこれで良いと思うんだけど、ツーリングには不向き。

3台目がレブル500。空いてたから乗っただけで特に印象なし。最後に試乗したのが400X。ホンダ車としてはシートも乗り心地も良く、これが一番印象が良かった。どのバイクにも液晶ディスプレイが付いていたんだけど、ギアポジションインジケーターがなくギアを何速に入れているのか確認できなくて不便だった。

午前だけで試乗券4枚を使い切って、お昼にはもう帰りました。ホンダドリームフェスタはいつもそうですが、乗って帰るだけですからね。受付にはセクシーなお姉さんが2人いるんだけど、特にイベント等もなく出店も少なく・・・。朝から行くよりも、夕方の終了間際のほうが空いてます。

広告

Written by firefennec

2017年 4月 18日 @ 21:41

カテゴリー: イベント・試乗