Planet Blue

ワンプライス出品でYahoo!プレミアム会員を退会できるか

ヤフオクアプリからの出品限定で、ワンプライス出品という機能ができました。最大のポイントはYahoo!プレミアム会員登録なしで出品できるということでしょう。

これはフリマアプリ対策と見て間違いない。落札システム手数料や、購入者が受取完了報告をした後に出品者に売り上げが振り込まれるといった仕組みもフリマアプリと同様です。現在、Yahoo!プレミアム会員に登録して、PCから出品している人にはデメリットしかありません。しかし、出品をワンプライス出品のみに切り替えれば、Yahoo!プレミアム会員を退会することができます。計算してみましょう。

Yahoo!プレミアム会員費が月額498円。
Yahoo!プレミアム会員と会員登録なしの落札システム手数料の比率の差が、10%-8.64%=1.36%。
498/0.0136=36617.647円。

概ね月額36600円以上の売り上げがあれば、プレミアム会員登録して出品した方がお得。36600円以下であれば会員登録なしでワンプライス出品した方がお得ということになります。オークション形式と固定価格形式で同じ値段で売れればですが。

ワンプライス出品は固定価格なので、自分でもよく価値や相場の分からない物をオークション形式で売るということはできません。相場を正確に把握しておく必要があります。また、購入者が受取完了報告をしてくれないと出品者の銀行口座に代金が振り込まれないというのもネック。商品を受け取っても、受取完了報告をしてくれない人もいるでしょう。受取完了報告をしてくれなくても購入者の支払いから14日間経過すると自動で代金が振り込まれるようですが、通常の出品より代金の振込が遅くなるのは確か。フリマアプリで出品者が購入者に対して悪い評価を付ける最も多い理由が「受取評価をなかなかしてくれない」というものですから、ここは新たな火種になりそう。

私は今のところ様子見です。まだワンプライス出品している人はポツポツといった程度。同じ品物をフリマアプリと併売している人が大半だと思います。現在プレミアム会員登録をして出品している人がどう推移するのか。もちろん大量出品している人はそのままでしょう。たまにしか出品しない人は会員登録をやめて、ワンプライス出品に移行しても不思議ではありません。ただ、どうせ固定価格で出品するならヤフオク以外のフリマアプリに出品者が流れるという可能性も十分ありますから、今後どうなっていくのか見ていきたいなと。

広告

Written by firefennec

2016年 12月 1日 @ 21:41

カテゴリー: ネット売買