Planet Blue

ヤフオクで入札者が入札を取り消せない理由

ヤフオクでは入札者は自分の入札を取り消せない。 その理由は、逆に入札者が自分の入札を取り消せたらどのような不正ができるか考えれば分かる。

入札者がAとB、2つのアカウントを用意する。 ここで相場が1万円程度で開始価格が1円の出品があったとする。 アカウントAで10万円で入札する。 入札者はAのみなので、現在価格は1円。 次にアカウントBで100万円で入札する。 そうすると現在価格は10万円+入札単位で10万1千円となる。 相場が1万円程度の商品の現在価格が10万円以上になっていれば、購入予定者の大半は興味を失うだろう。 そこで、オークション終了間際にBの入札を取り消す。 入札者はAのみとなるので現在価格は1円に戻る。 そのままオークションが終了すれば1円で落札となる。

つまり、入札者が入札を取り消せると、値段を吊り上げて他の参加者の興味を失わせてから、入札を取り消して安く落札できるということだ。 なので、セリ市やチャリティーオークションなどでは一度挙げた手は降ろせない。 「1万円!」って手を挙げて、「やっぱりやめます・・・」なんて人いないでしょ。 ヤフオクも同じことだ。 安易に入札を取り消せたらオークションという仕組みは成り立たなくなる。

こんなことは書くまでもないと思うんだけど、結構いるんだよ、入札欄から入札の取り消しを依頼したけど取り消して貰えなくて、出品者に悪評価を付ける人が。 ああいう評価は削除した方がいいと思うんだけどねぇ。

広告

Written by firefennec

2016年 10月 20日 @ 20:36

カテゴリー: ネット売買