Planet Blue

ニコンプラザ大阪でD5を触ってきた

ニコンプラザ大阪でD5を触ってきたので、ざっくりとした感想を書いておきます。現在、私はキヤノンユーザーなので、ニコンユーザーのようなテンションの高さはありません。割りと冷めた感想になってるかとは思います。必要な情報があればいいですね。

_DSC1687-2

ニコンプラザ大阪にあったD5は一台のみ。CFモデルでした。D500はなし。付いていたレンズはNikon AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR。

・シャッター音はD4Sより少し静かになっている。しかし、ニコンらしいシャッターのキレは健在。

・ISOボタンは押しやすい。フォーカスポイントセレクターもキヤノン機より操作性が良い。

・AF速度や食いつきはD4Sより少し良くなっている。が、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR以外のレンズを付けた時のAF速度はまだキヤノン機に及ばない。

・ファインダーや背面液晶は黄色くない。

・ホワイトバランスや画作りはD4Sと変わらない。

・露出傾向もD4Sとおそらく変わらない。

・ホワイトバランスの項目の並び順は色温度。

・ダイヤルの入れ替えはAモードのみでSモードはない。

・ライブビューの表示は実絞り+露出プレビュー。

・3D-トラッキングの測距点の範囲が「標準」と「WIDE」の二択になった。

センサーと画像処理エンジンが新しくなったことで、また黄色くなるんじゃないかと懸念していたんですが、おそらくそんな事にはなっていないと思います。他はD4Sから順当なアップデートかなという気がします。全体的な感想はニュートラル。改善を期待していた部分で改善されてない部分が結構あります。

広告

Written by firefennec

2016年 1月 13日 @ 22:45

カテゴリー: カメラ