Planet Blue

D5とD500の雑感

ニコンからD5とD500が発表されましたね。

D5はリーク通りの内容で特に驚きはなかったんですが、D500は事前にほとんど情報が漏れてなくてサプライズでしたね。D5との同時発表というのは、D3とD300の時を思い出します。D300は大ヒットしたんですが、D500はどうなるでしょうか。ちょっと値段高いんですけど、2年もすれば15万ぐらいになるんではと思っています。

私が目を引いたのはISO感度ボタンが右肩部に移動したということですね。ISO感度ボタンが左手側にあるというのがニコン機の欠点でしたからね。私がD7000使っていた時には、ISO感度を背面ダイヤルに割り当てていたので全く気にしてなかったんですが、それをやると背面ダイヤルのみで露出補正できなくなりますから不便な思いをしていた人も多いかもしれません。あと、D500にもフォーカスポイントセレクターが付いたのが好印象。今後出るニコンの中級機はD500と同じボタン配置になると思うので、操作性が良くなりそうな気がします。

肝心の画質についてはまだよくわからない。センサーと画像処理エンジンが新しくなったので、ひょっとしてまた黄色くなるのではと思っていたんですが、D4S以降の画作りを踏襲しているような気はします。白ホリでコスプレ撮影でもした作例を載せてくれるとすぐにわかるんだけど。公式サイトの作例にあまりパッとした印象がないのは、全体的に透明感がないからだと思います。

気持ちはニコンに傾いているんですが本命のD810の後継機がどうなるか。D810の後継機は高画素モデルと低画素モデルに分岐すると思っています。キヤノンはモデルチェンジサイクルが遅くて古いモデルでもなかなか値下がりしないのがネックですね。

広告

Written by firefennec

2016年 1月 6日 @ 21:34

カテゴリー: カメラ