Planet Blue

大阪モーターショーにフォルツァ125が展示されていました

大阪モーターショーのホンダのブースに、ヨーロッパで販売されているフォルツァ125が参考出展されていました。

もう四輪そっちのけで食い付いてしまいましたね。でも、他にも食い付いてる人結構いましたよ。

話も聞いてきたんだけど、「まだ日本で販売するかは検討中で決まっていない」、「日本で販売するなら、シート高を下げるかもしれない」、「PCXとどうしても被ってしまうので、排気量を変更するかもしれない」といった内容でした。それに対して、「もうこのまま出して!PCXよりこっちの方が良い!!」という熱いメッセージを送っておいたんですがね。

海外で販売されているフォルツァ125のスペック

このまま出してくれれば、間違いなく最高の原付二種になると思います。ホイールサイズが前15、後14で、跨った感じシートもPCXより良かったので、乗り心地は確実にPCXよりフォルツァ125の方がいいはず。燃料タンクも11.5Lあるから、航続距離は400km超えるんじゃないかな。スクリーンは手動で高さ調整可能。ぜひ、Sh modeみたいに変にシート高を下げずに、このままのスペックで125ccと150ccの2モデル展開で販売して欲しいですね。

広告

Written by firefennec

2015年 12月 6日 @ 22:59

カテゴリー: モーターサイクル