Planet Blue

マヌケなヤフオクかんたん取引

送料を無料にするか、全国一律設定にするかで、連絡回数を減らせるというかんたん取引のベータ版が導入されてます。

出品者と落札者、双方の連絡回数を減らして、取引をできるだけ自動化しようという試みはいいと思う。 しかし、出品者の個人情報が落札後すぐに開示されるのであれば、同時に落札者の個人情報も開示されないとおかしい。 落札後に連絡がなかったり、最初の連絡でキャンセルを要求された場合、出品者が個人情報の取られ損になる。 出品物が落札されれば、出品者と落札者のお互いの個人情報を即時開示するのに何の問題があるんだ。 

そもそも入札時に送付先や発送方法を選択してから入札する方式にすれば、入札時に送料を含む合計金額が確定するはずだ。 落札金額+送料の合計金額をダイアログに表示して、「この金額で入札しますか?」と確認メッセージを出してから入札するようにすれば、少しは揉め事が減るだろう。

出品物が落札された後、出品者に対しては落札者の個人情報と商品の送付先、発送方法が開示され、落札者に対しては出品者の個人情報と送料を含めた合計金額、振り込み先の口座情報が開示されれば、落札者が最初に取引情報を伝える必要はなくなる。 すぐに代金の支払い→支払い連絡から取引を始められる。 支払いを受ければ、出品者は商品を発送して発送連絡をする。 商品の受け取り連絡を評価と兼ねれば、出品者も落札者もたった1回の連絡で取引が終わるはずだ。 落札者から一定期間支払い連絡がなければ、自動でキャンセル処理。 これでいいと思うんだけどね。

広告

Written by firefennec

2014年 11月 28日 @ 22:10

カテゴリー: ネット売買