Planet Blue

Multistrada 1200に試乗する

R1200GSに乗ったなら、Multistrada 1200にも乗らないといけないなと思って、Multistradaに試乗してきました。

試乗した場所はドゥカティ神戸イーストさん。
車両保険には入っていないのでコケたらお買い上げですよとプレッシャーを掛けられました。

試乗前の説明では、アクセルを開けた時に少し回転が落ちてから吹け上がるのでエンストに気をつけて下さいということでした。 ライディングモードはおそらく最もサスが柔らかく、シート高も低くなるUrbanにして貰いました。 跨ったままライディングモードを変えると、シート高の高さが変わるのが分かる。 Urbanだと身長172cmの私だと、片足が踵まで着きます。 停止前の低速時も安定しているので、足着きはこの手のバイクとしては良い方です。

発進時にアクセルを開けると、確かに出力が落ちるような瞬間がある。 そこで「あっ」と思ってアクセルを開けると4000回転ぐらいまでエンジンが吹け上がる。 発進には少しクセがある。 そこでアクセルを開けてなくても、おそらくエンストはしないと思うんですが、試乗でエンストしてバランスを崩して転倒なんてことになったら最悪ですから、アクセルは開け気味で発進していました。

ドコドコドコドコ→ギュイーンと加速していくエンジンフィールは、昔乗ったVTR1000Fに似ている。 回すのがとても楽しいエンジン。 途中渋滞にハマったんですが、エンジンからの熱気がすごい。  目が回りそうになった。 気温22度前後でこれですから、夏の渋滞にハマったりするとえらいことになるはず。 乗り心地はUrbanでも、GSのRoadと比較するとかなり硬い。 シートの座り心地も硬く、長時間乗っているとお尻が痛くなってもおかしくない。 

R1200GSに乗っていると視界の先に北海道が見えてくるが、Multistrada 1200に乗っていると視界の先にワインディングロードが見えてくる。 長距離を走るための道具としてはGSの方が乗りやすさ、乗り心地、快適性、安全性など全ての面で優れているのは間違いないでしょう。 しかし、ムルティにはGSにはない面白さがある。 GSを意識した他のこの手のバイクが、GSよりツーリング性能で劣る上に乗っていても面白くない、GSの廉価版の域を出ていないのに対して、ムルティにはGSにはない独自の魅力がある。 ムルティに乗っていると、クセや欠点が「ドゥカティだから」で許せる気持ちになってくるから不思議。 欠点をしっかり把握した上で買うのなら、悪くない選択だと思います。

広告

Written by firefennec

2014年 10月 15日 @ 21:55