Planet Blue

水冷R1200GSに試乗する

アールエスタイチ本店にアプリリアとモト・グッツィの試乗会に行った帰りに、モトラッド大阪中央に寄ったら、お店の前に水冷のR1200GSの試乗車がありまして、それを見てたらお店の人が出てきたんで、もう餌に食い付く魚のように「試乗したいんですけど」って言ったんですよね。

R1200GSは見た感じ大柄なんですが、乗ってみるとコンパクトで軽量に感じる。 乗車時のサイズ感はF700GSと大差ありません。 空冷のボクサーは低速ですぐにエンストするような繊細さがあったような気がするんですが、水冷になってエンジンは随分パワフルになりましたね。 低速時のトルクが増して乗りやすくなりました。 その反面、味わいみたいなものは薄まった気がします。 パワーはあるけど鼓動感が楽しいといったキャラクターではない。 パワーを上げるよりも、燃費や鼓動感を良くして欲しいんだけども。

走行モードは「ROAD」、プリロードの設定は「一人乗り」だったと思います。 この設定だと足周りは柔らかめ。 乗り心地はR1200Rと似た感覚で前後方向のピッチングモーションが大きく、ややフラット感に欠ける。 RTは日本仕様はローシートなので、GSもローシートが付いてるのかなと思っていたんですが、GSは日本仕様でもノーマルシートが標準でした。 なので、シートの座り心地は抜群。 足着きは片足が前半分着く程度ですが、車体が軽く感じるので足の接地で特に怖さはありません。 少々足着きが悪くなっても、座り心地の良いノーマルシートの方が私は良いですね。 

第二京阪の下の国道1号を走っていると速度感がなく、このまま北海道まで走れそうな気がしてきた。 実際、GSならその程度の距離は朝飯前でしょう。

最近、国内外を問わず様々なメーカーからエンデューロモデルがリリースされているんですが、それはGSが売れているから。 GSが全世界で1番売れているモーターサイクルなんですよね。 それらの競合車種と比較しても、乗りやすさ、安全性、快適性でずば抜けた存在かと思います。 乗りやすさやコーナリング時の安定感は他のバイクでは得難いものがあります。 燃費や部品代といった維持費を除けば欠点らしい欠点はありません。 さすがに売れるだけあって、素晴らしいモーターサイクルだと思います。

広告

Written by firefennec

2014年 9月 28日 @ 12:23