Planet Blue

乗り心地の良いスクーター

「乗り心地 スクーター」といった検索ワードでこのブログに来る方が多いようなので、自分が乗ったことのあるスクーターの乗り心地について書いておきましょう。 スクーターはたくさん乗りましたからね。

原付二種を乗り心地の良い順番に並べるとこうなる。

1.PCX125
2.Sh mode
3.Dio110
4.アドレスV125G
5.シグナスX SR
6.LEAD 125

原付二種スクーターの乗り心地ではPCXが頭一つ抜けている。 ただし、PCXはシートの出来が良くない。 ホンダ車は総じてシートの座り心地が悪く、それが乗り心地を悪化させている。 シートが最も良いのはアドレス。 リミテッドモデルだとシートヒーターも付く。 車体の乗り心地は50ccの原付と変わらないアドレスを4位に置いたのはシートが良いから。 4、5、6はシートの出来の良い順番だと思って貰って構いません。

PCX150、バーグマン200、マジェスティSの3台だと、

1.PCX150
2.バーグマン200
3.マジェスティS

PCXとバーグマンの差は微妙で確実ではない。 PCXの方がフラットなんだけど、乗り心地が硬い。 シート形状の変わった新しいPCXにも試乗しましたが、シートも良くなっていません。 バーグマン200も乗り心地は硬めですが、プリロードが調整できるので市街地だとバーグマンの方が良いかもしれません。

250cc以上のビッグスクーターだと乗り心地にはそれほど大きな差は感じなかった。 C650GTやスカイウェイブ 650LXのような高級スクーターでも、乗り心地の良い大型モーターサイクルと比較すると乗り心地は良いとはいえない。 ビッグスクーターのインプレッションで乗り心地が良いと書かれているのを見ることがありますが、嘘とまでは言わないけど本格派の大型ツアラーに乗ったことがないんだろうなとは思う。 例えば、R1200RTと比較すると乗り心地は遥かに劣る。 大型スクーターで唯一乗り心地が良いと感じたのはAprilia SRV850。 乗り心地重視の方にはお勧めスクーターですね。

広告

Written by firefennec

2014年 8月 30日 @ 22:28

カテゴリー: モーターサイクル