Planet Blue

C650 GTに試乗する

BMW Motorrad Mitsuokaさんにて、C650 GTの試乗をしてきました。
以前、C600 Sportの試乗をしまして、その時の感想は記事にしたんですが、乗り味はSportとほとんど変わりません。

BMW Motorrad MitsuokaさんのHPを見るとC600 Sportの試乗車がなくなって、C650 GTの試乗車になっていました。 元々GTの方に試乗したいと思っていたので、早速行ってきました。 以前、私が試乗したSportの試乗車は売れたそうです。 それで代わりにC650 GTの試乗車を導入したという話でした。

試乗コースは清水の交差点を曲がって万博記念公園の外周を1周して帰ってくるコース。 シート高は780mmでSportの810mmよりも30mm低いんですが、実際乗ると足つきの感覚は変わりません。 シートの幅が広いので、スペック上の数値よりも足つきは良くない。 スクーターによくある後ろに荷重のかかった、のけぞってるような感覚がなく、前後の重量配分が適切で車体に非常に安定感がある。 その安定感はコーナリング中も変わることなく、曲がりたい方向に少し体重を掛けてやれば、レールの上を走るように曲がっていく。 動いている限りは転びそうにない。 エンジンはSportよりも若干穏やかな印象を持ったが、個体差と言われれば、そうかもしれない。 乗り心地はSportと変わらない。

C650 GTは今まで乗った二輪車で最も安楽な乗り物かもしれません。 ライダーがライディングで気を使わなければならない部分はほとんどありません。 最大の欠点は乗り心地。 乗り心地についてはまだまだ改善できる余地がある。 BMWの大型ツアラーと比較するとエンジンパワーと乗り心地で大きく劣るが、エンジンが前方にないので熱くない、発進に気を使う必要がないといった長所があり、大陸横断といった規模になれば話は別だが、日本でツーリングする限りツーリング性能に大きな差があるとは思えません。 エンジンからの熱や発進については他のスクーターも同様だが、C650 GTは車体の安定性やタイヤのグリップ感が一般的なモーターサイクルと同じ水準にある。 そこが他のスクーターとの最大の違いかと思う。 2014年現在発売されているスクーターでC600 Sport/C650 GTは最高のスクーターだと思いますが、その魅力は伝わってるんでしょうかね?

試乗が終わった後、雑談してたんですが、C600 Sport/C650 GTはイタリア市場からの要請で作られたらしいです。 イタリアではBMWの販売台数は第3位。 1位と2位はピアッジオとホンダでしょうから、どちらもスクーターが主力。 それを考えると売れすぎ。 イタリア市場向けと考えると、あのシート高の高さも納得できる。 ちなみに、日本での販売台数は第8位。 国内4メーカーとハーレーがBMWより売れているのはわかるけど、他2つは何なんでしょうね。 ドゥカティやSYMのような台湾勢が入っているんでしょうか。 日本ではもっと売れていいような気がしますけどね。

広告

Written by firefennec

2014年 8月 8日 @ 22:59