Planet Blue

FJR1300ASに試乗する

ヤマハの試乗キャラバンでFJR1300ASに試乗してきました。

試乗させて貰ったのは、FJR1300ASということでクラッチのないモデルになります。 試乗前に説明してもらったのは、ギアの変え方のみ。 左手グリップに付いているレバーを引くとギアがアップ、押すとダウン。 左足ステップにもチェンジペダルが付いていて、通常のバイクと同様のギアチェンジもできます。 クラッチはなくてもオートマではなく、ギアは自分で変える必要がある。 シートは一番低い位置にセットされていたと思うんですが、身長170cmで両足の踵が浮きます。 足の裏の前半分が接地する。 車両重量296kgの割には車体が軽く感じるので足つきは気にならなかった。 

お店のお兄さんにマジェスティで先導してもらいながら走りだすと、動きも軽快。 ツアラーとは思えないほど軽快感がある。 エンジンに2つのモードがあったり、サスを電動調整できるといったことは、帰ってからカタログを見て知りました。 試乗で意味の分からないボタンを押すわけにもいかないんで、試乗中は電動スクリーンの高さを変えただけで、他は特に弄っていません。 エンジンは市街地向けのTモード、サスは1人乗り、スタンダードだったんではないかと思います。 

クラッチがないのは、初めて乗ったバイクでも発進時にエンストさせる心配がないのでとても気楽。 ギアを上げる時には左手でレバーを引いて、下げる時には左足でチェンジペダルを押すのが操作として具合が良かった。 乗り心地はまずまずといったところ。 BMWでいうとF800GTよりは良く、R1200RTよりは悪い乗り心地。 速度計がデジタルなのは見難かった。 ツアラーで速度計が見難いのは致命的な欠点となりうる。 速度計はアナログでなければならない。 腕時計でもデジタルよりアナログの方が視認性が良いし、高級感もありますよね?

走っていてちょっと懐かしい感覚を受けたのは、XJRに代表されるヤマハのロードスポーツと共通のフィーリングがあったから。 ヤマハ車に慣れている人には親しみやすいバイクだと思う。

まとめると、ヤマハのロードスポーツにカウルを被せて、電子デバイスを満載するとこうなるかなという感じ。 R1200RTのような生粋のツアラーとはちょっと違うような気がする。 本当に長距離を走るとなると軽快すぎる。 スポーツ性に片足を置いており、そこを長所と取るか短所と取るかで評価が変わってきそう。 競合車種はホンダのVFR1200F。 無難でよく出来てはいるけれど、特別な魅力には欠けるかなという印象を持ちました。

広告

Written by firefennec

2014年 6月 18日 @ 22:33