Planet Blue

ホーネット250のトラウマ

私がバイクでシートと乗り心地を最重要視するようになったのは、ホーネット250のトラウマがあるからだろうなと思う。

私が初めてバイクを買ったのはレプリカブームが終焉し、ネイキッドブームが巻き起こった頃だった。カワサキ バリオス、ヤマハ ジール、スズキ バンディッドといったネイキッドモデルが250ccクラスで大きな売上を占める中、ホンダの主力ネイキッドはジェイドという車種だった。ジェイドはその信頼性の高さからバイク便などではよく用いられていたが、地味な外観が災いして売上は苦戦していた。そこで跳ね上げられたマフラーとワイドなリヤタイヤという外観でアピールするホーネット250が、ジェイドの後継車種として登場した。

さて、なぜ私がホーネットを買おうと思ったのか。当時の私はまだ免許を取ったばかりで教習車以外には乗ったことがなかった。試乗も行わず実車も見ない段階で購入を決めてしまったのは、雑誌のインプレッションに「ホンダが本気で作ったバイクだ」と書かれていたからだ。今思えばバカな話だ。雑誌のインプレなど単なる宣伝であり、書いてる連中は詐欺師みたいなもんだが、その頃の私には詐欺師の嘘や偽りを見抜くことができなかった。

ホーネット250の初年度モデルを新車で購入。早速、故障に見舞われた。メーターが動かなくなったのだ。段差で衝撃を受けるたびに動かなくなったり、動いたりを繰り返した。初年度モデルのメーターの外装は無塗装で安っぽかったが、中身も安物だったのだろう。

次にマフラー下部の水抜き用の穴から熱せられた廃液がリヤホイールに掛かって、リヤホイールが黄色く変色し始めた。これはしばらくして、ホンダから水抜き用の穴を塞ぐアルミシールが配布され、それで穴を塞ぐことで解決した。しかし、ホンダは発売前にこの程度のテストもしていないのかとびっくりした。

装備面では燃料計がなかった。燃料を消費して走る乗り物に燃料計がないなんてあり得ない。トリップメーターを給油ごとに0kmに戻して、200kmになった段階で給油していた。トリップメーターを燃料計代わりにしていたことで、目的地までの距離を測る本来の用途でトリップメーターを使用することはできなかった。外付けのヘルメットホルダーもなかった。ヘルメットをバイクに引っ掛けるには、毎回シートを外してワイヤーを通すしかなかった。ヘルメットを引っ掛けるために何度もシートを付け外ししている内にシート下部の表皮が剥げていった。

腹ただしいのはこれらの装備が年次ごとのマイナーチェンジで追加されていったことだ。燃料計やヘルメットホルダーなんて最初からあれば便利なのは分かりきっている。マイナーチェンジで追加するために取っておいたのだろう。

ホーネット250で一番酷かったのはシート。公園にある木製のシーソーに跨っているような座り心地で20分でお尻が痛くなった。バイクに乗るということは、その間バイクのシートに座り続けるということ。まずシートが良くなければ、どうにもならないということを思い知らされた。足周りにも問題があった。リヤサスがダンパーが効いてないのかと思うほど硬く、道路の段差では酷い突き上げ感があった。道路に凹凸があると腰を浮かして対応するしかなかった。乗り心地は最悪だった。

ヒュンヒュンとモーターのように回る高回転型のエンジンも好きになれなかった。鼓動感や味わいといったものは全くなかった。このエンジンが、元々の由来はレーサーレプリカ向けだったということを知ると、ただ回るだけで何の面白味もなかったのも頷ける。

ハンドリングも良くなかった。ある走行会でVTRとホーネット600に乗って、その曲がりやすさにビックリした。VTRはまるで蝶が舞うようにヒラヒラ曲がるし、ホーネット600には250のような曲がりにくさはなかった。同じホンダでもこうも違うのかと・・・。ホーネット250のリヤタイヤは250の車格に対してワイドすぎで、それがハンドリングを悪くしていた。

ここにいたって、自分は騙されたのだということに気が付いた。何の事はない、ブームに乗っかったスタイルだけのバイクを買うという、最も愚かな選択をかつての自分もしていたのだ。その後、2万5千キロほど走行し売却したが、最後までホーネットを気に入った部分はなかった。良かったことといえば、走行不能になるような故障がなかったことぐらいか。どれだけ走ってもエンジンが壊れそうな印象はなかった。機関部の信頼性は確かにあった。

しかし、このホーネット250結構売れたようだ。未だに街で走ってるの見ることあるからね。それ見るたびに思うんだよね。自分もバイク見る目なかったけど、お前らも見る目ないなぁと。

広告

Written by firefennec

2014年 5月 8日 @ 22:23

カテゴリー: モーターサイクル