Planet Blue

トライアンフ試乗会 in アールエスタイチ本店

先週に続いて今週もアールエスタイチ本店での試乗会に行ってきました。

今回はトライアンフ大阪北主催のトライアンフ試乗会。 電話か店頭での予約制ということでしたが、当日空きがあれば受付可能。 当日の天気予報が曇り一時雨で、行くか行かないか決めていなかったので予約はしていませんでした。 昼前にアールエスタイチ本店に着いたんですが、試乗できました。 予約していても結局来なかった人も多かったようです。

試乗方法やコース設定は、先週のアプリリア/モト・グッツィ試乗会 in アールエスタイチ本店と全く同じ。 今回の試乗は先週と違ってゆっくり走ってもらえたので助かりました。 試乗はじっくり味わいながら走りたいですからね。

試乗車はタイガースポーツ、ボンネビルT100、デイトナ675R、ストリートトリプルRの4台。
最初に試乗したのがボンネビルでした。

ボンネビルT100

ハンドルの引き起こしは重い。 シートの座り心地は良く、お尻の位置の自由度が高い。 ツインエンジン特有の適度な鼓動感が気持ちいい。 ハンドリングは直進安定性重視のセッティング。 長距離走っても疲れにくそうな印象だったが、コーナーでのハンドリングは重め。  先週、今週と試乗で同じコースを走って、小雨交じりの天候で今週のほうが路面状況は悪かったにも関わらず、タイヤのグリップ感は先週のアプリリアのスクーター2台よりボンネビルの方がずっとあった。 これはタンクにパッドが付いていてニーグリップがしやすくタイヤに体重を掛けやすいという部分もあると思う。 タイヤに接地感があることで、不安感なくワインディングを楽しむことができた。

乗り心地については良くはない。 急なカーブにある路面の凹凸で体がずっと揺さぶられて、少し酔いそうになった。 サスは柔らかめだが、路面を丁寧にトレースせずにパッパッパと跳ばしていくような感覚がある。 「雑」という表現がぴったりくる乗り心地。 防風性や積載性がほぼ皆無なのはデザインの代償として仕方ないとは思うものの、ABSやイモビライザーといった装備がないのは車両価格が安くないだけにネックになりうる。

走っていて鉄の塊を駆っている、バイクに乗っているという感覚がすごくある。 最近スクーターばかりに乗っていたので、トラディショナルなモーターサイクルの良さを再認識させられた。 

タイガースポーツ

次に試乗させて貰ったのがタイガースポーツ。
こちらはボンネビルと違ってモダンなバイクですね。

取り回しは重く、ボンネビルのような気軽さはない。 シートは硬くロングツーリングでお尻が痛くならないか不安が残る。 3気筒エンジンのバイクに乗るのは初めてだが、出力特性はフラット。 唸り声のようなサウンドが特徴的。 乗り心地はボンネビルよりは良いが、やはり少し雑なフィーリングがある。 変速ショックも大きめで全体的に大味で雑な印象は否めない。 接地感があってコーナーリングがしやすいのもボンネビルと同じ。 ボンネビルとは見た目が大きく異なるが共通している部分は結構ある。

2台乗り終えて「どちらがよかったですか?」と聞かれたので、「ボンネビル」と即答しました。 ボンネビルにはタイガースポーツにはない気軽さや安心感がある。 「ボンネビルには競合車種はない。 指名買いが多い」と言われたので、「W800が競合じゃないか?」と突っ込んでみたら、「そう言われる方にはボンネビルとW800の2台並べてみて、どちらがカッコいいですか?と聞いてみます」と。 確かに、例えばメーターパネルのフォントだとかそういう細部のデザインまで見ていくと、ボンネビルの方がセンスが良いかなとは思う。 ただ、ボンネビルはオリジナルであるという部分がその価値の大半を占めているような気がする。 その辺はコピーブランドのバッグや時計といった物と同じかな。 バッグや時計としての機能には、コピーもオリジナルも差はない。 コピーの方が値段が安い。 でも、コピー品が欲しいのかと、それを付けて街に出るのかという話ですよね。

タイガースポーツの方は、タイガーのラインナップ自体がBMWとモロに被っている。 必然的にBMWとの競合となる。 BMWと同じターゲットユーザーを想定してプレミアムなバイクとして売るんであれば、乗り心地はもちろんシフトフィールや各スイッチ類の感触といった部分のクオリティも良くしていかないといけない。 トライアンフには3気筒エンジンという独自性はあるんだけれど、それが「3気筒だから」と購入の決め手となるような魅力にまでは昇華できてはいない。  BMWと比較すると全体としての完成度が見劣るというのが正直な感想。 それはトライアンフだけではなく、BMWと明らかに競合する車種を出している全てのメーカーに言えることなんですけどね。

広告

Written by firefennec

2014年 4月 22日 @ 21:35