Planet Blue

アプリリア/モト・グッツィ試乗会 in アールエスタイチ本店

アプリリアとモト・グッツィの試乗会がアールエスタイチ本店であったので行ってきました。

過去にアールエスタイチ本店を訪れたのは10年以上前。 その時はかなり混んでいた記憶があるので、車が置けるか心配でしたが大丈夫でした。 無料でコーヒーを飲めるようになったりしていて驚きました。

試乗車はSRV850、SR MAX 300、California 1400 Custom、V7 Racer、1200 SPORT 4V ABSの5台。 このうち試乗予定のない1台をスタッフの方が先導車として使用し、それに残りの4台で付いて行くという形での試乗でした。

SR MAX 300

最初に試乗したのがSR MAX 300。 これが目的で来ました。
今、気軽に乗れるバイクを探しています。 気軽に乗れるという意味ではやはりスクーター。 しかし、フォルツァSiにも乗りましたが、あまり走って楽しいというバイクではありません。 どうしてもダルな印象がある。 ならスポーツスクーターはどうかなと思っていたんですよね。

試乗させて貰ったんですが、ハンドリングやシートから受ける感触が先週乗ったTMAX530に似ている。 TMAXはイタリアでもよく売れているバイクですから、参考にしている部分は多分にあるんじゃないでしょうか。 サスは思ったほどは硬くなく、乗り心地はまずまずといったところ。 スポーツスクーターとしては及第点を上げられる乗り心地。

日本市場においては278ccという微妙な排気量が惜しい。 これで250スクーターであれば、国産250スクーターにスポーティなモデルが不足しているだけに、うまく空き地に嵌ったような気がします。

1200 SPORT 4V ABS

次に乗ったのが1200 SPORT 4V ABS。 外観からして以前に乗ったことのあるブレヴァV1100に似てるんだろうなと予想していました。 出来の良いシートや、大型バイクの中でも良い方の乗り心地などはブレヴァV1100を彷彿とさせる部分。 違いは鼓動感の増したエンジンとよりスポーティになったハンドリング。 ハンドルが幅広で大柄なのと、タイヤの接地感が掴みづらいところがあって少し乗り難かった。

競合車種はBMW R1200Rなんじゃないでしょうか。 おそらくR1200Rの方が乗りやすいだろうし、普通の人はBMW買っちゃうだろうなとは思った。

SRV850

最後に乗ったのはSRV850。 乗るつもりはなかったんだけど、SR MAX 300を乗った後に「どうでしたか?」と聞かれて、「TMAXに似てますね」と答えたら、「TMAXの倍の排気量のSRV850にも乗ってみてください」と言われたんで、空きもあったし乗ってみました。

乗った3台の中で一番乗りやすかった。 乗る前は正直言って速いだけのスクーターかと思ってました。 ロケットみたいな勢いで飛び出したらどうしようかと思っていましたが、実際はエンジン特性はマイルドでした。 乗り心地もSR MAX 300よりもずっと良い。 今まで乗ったスクーターの中で一番乗り心地が良かった。 排気量やパワーに注目が集まるのかもしれないが、ロングツーリングにも対応出来るだけの乗り心地を持っている。 ハンドリングも良いのだが、タイヤに接地感がなく、コーナーで滑るような感覚があったのは気になった。

結局3台乗った中で、眼中になかったSRV850が一番良かったというオチでしたね。

広告

Written by firefennec

2014年 4月 14日 @ 21:10