Planet Blue

PCXのモデルチェンジ

大阪モーターサイクルショーに行ってPCX125/150がモデルチェンジされると知りました。
写真を撮り忘れたんですが、新型モデルは展示されていました。
説明も聞いてきました。

img216_2

日本でも4月中旬には正式発表される予定。 ホイールサイズ以外はほぼ新設計でフルモデルチェンジと言ってよい内容。 ジェネレーターが小型化され、エンジンの効率が上がってパワーも燃費も従来モデルより向上している。 燃料タンクが8Lになり、メーターに時計と燃費計が追加されている。 シートを開いた時に閉じてこないようにヒンジも付いた。 使い勝手の面でも良くなっている。

こんな感じの説明でした。
注目の燃費はリッター50行くと言われたんですけどね。 本当でしょうか。
バーグマン200やマジェスティSとの比較については

使い方の問題だと思う。 マジェスティSは駆動系に手を入れて走りを追求するなら良いと思う。 しかし、日常使用ではシート高も高いし燃費も悪い。 バーグマン200は車体が大きいし、値段も高い。 PCX150が最も日常使用に向いている。

という説明でした。

現行のPCXの最大の欠点はシートだと思っています。 展示車にまたがらせてもらったんですが、シートが良くなっているかどうかはわかりませんでした。 やはり走ってみないことには何とも言えません。

PCXは売れ筋車種ですから、正式発表されればホンダドリームの各店舗に試乗車入るでしょうから、またそうなった時に試乗させてもらおうと考えています。

広告

Written by firefennec

2014年 3月 25日 @ 00:31

カテゴリー: モーターサイクル