Planet Blue

大阪モーターサイクルショーでバーグマン200に試乗する

大阪モーターサイクルショーにはほぼ毎年行っているんですが、今回のメインの目的はバーグマン200の試乗でした。 まぁ、行ってからPCX125/150も近日中にフルモデルチェンジされると知ったんですが、それは別のエントリーにして、今回はバーグマン200の感想を書いておこうかなと。

1回の受付で2枚試乗券を貰えます。
2台以上の試乗を希望する場合は、また受付し直します。

そして、希望する車種の列に並びます。
昨年あった原付二種の試乗コーナーはなくなっていました。
バーグマンに並んでいた方は3人ぐらいで、すぐに試乗出来ました。

乗ってみたんですが、シートの座り心地は良くも悪くもない普通。 走り出しも普通。 乗り心地も硬くも柔らかくもなく普通。 マジェスティSよりは乗り心地は確実に良いと思うけど、PCX150と比較するとどうかは分かりません。 旋回性能も普通ということで、何か特記するような個性がありません。 趣味性はほとんど無く、日常の足代わりにするには非常に無難なバイクだなという印象でした。

ちなみに2台目に乗ったバイクは、ドゥカティのDiavel Strada。
いやぁ、素晴らしいシートでした。 ドライビングモードの設定がどうなってたかは忘れましたが、乗り心地も非常に良かった。 ドゥカティに乗ってシートや乗り心地に感心するとは思いませんでしたね。 ただし、エンジンはそんなに面白くはない。 

スズキブースで説明も聞いてきました。

Q.燃費はどの程度でしょうか?

A.我々のテスト走行だとリッター25km前後。 高回転型のエンジン特性になっているので、スカイウェイブ250より若干落ちる可能性もある。 バイクは燃費だけではない。 走りの良さを感じてほしい。

Q.PCX150やマジェスティSと比較されると思うが?

A.PCX150やマジェスティSは原付二種の延長線上にある。 バーグマンとは排気量や車格も異なり、クラスが違うと考えている。 

Q.では、スカイウェイブ250との棲み分けは?

A.バーグマンはより市街地走行に最適化されている。 250では発進加速に鈍さを感じたり、朝晩の混みあう時間帯にすり抜けが難しいと感じていたり、250では大きすぎると感じている方へのご提案。 テストライダーの話では、初めてアドレスV125に乗った時のような軽快さがあると。 市街地では250よりも機敏に走行できる。

大体こんな感じの説明でした。 
最後に、「5月から始まるスズキファンライドフェスタで試乗できるので、ぜひ試乗しに来て下さい。 今回の試乗よりももっと速い速度で走れるのでバーグマンの良さを分かって頂けると思います」 という事でした。

私の考えるバーグマン200の長所は外観の地味さ。 これを買って、ショートスクリーンだ、メッキパイプハンドルだ、ローダウンだ、みたいなカスタムをする人はいないとは言わないが、かなり少ないはず。 そこがPCX150やマジェスティSよりも優れている部分。

短所は価格と燃費。 バーグマン200の購入を考えている人が比較する車種は250スクーターではなく、PCX150とマジェスティSだと思う。 現行のPCX150より約20万高い価格に見合う価値が有るかというと? バーグマンの方が排気量も大きいし質感も高いが、走行性能にはそれほどの差はない。 この価格で出すのであれば、ABSは標準装備して欲しかった。 燃費についても、ホンダブースで新型PCX150はリッター50km走ると聞いたので、リッター25では苦しい。 燃費ではホンダがずば抜けているので、他のメーカーがホンダとの差を詰めて欲しいところですね。

バーグマンに興味のある方はスズキファンライドフェスタで試乗してみて下さい。
自分で乗ってみるのが一番です。

広告

Written by firefennec

2014年 3月 24日 @ 23:10