Planet Blue

ソニーストアでα7を試す

ソニーストアはニコンプラザのすぐ近くにありますからα7も触ってきました。
NEXシリーズはニコンやキヤノンのカメラを使ってる人から見ると、「なんで、こうなってるの?」と思うような部分が多々ありました。 特に操作性には問題があって、「所詮家電屋の作るカメラ」という印象を持たれた方も多いと思います。 それがα7で解消されています。

前後のダイヤルに加えて、背面ホイール、露出補正ダイヤルと4つのダイヤルがある。

絞り優先オート 前後のダイヤル:絞り値 背面ホイール:ISO感度 露出補正ダイヤル:露出補正
シャッター速度優先オート 前後のダイヤル:シャッター速度 背面ホイール:ISO感度 露出補正ダイヤル:露出補正
マニュアルモード 前ダイヤル:絞り値 後ダイヤル:シャッター速度 背面ホイール:ISO感度 露出補正ダイヤル:露出補正

MモードでISO感度をマニュアル設定した時には、露出補正ダイヤルは無効になります。
ISO感度をオートに設定すると、Mモードでも露出補正できます。 
ペンタックス機でいうところのTAvモードで使用可能ということです。

このダイヤル数と機能割り当ては理想的。 ニコンやキヤノンのデジタル一眼はフィルムカメラ時代のインターフェイスを引きずっていて2つのダイヤルしかありません。 これでは足りないんですよね。 ISO感度もダイヤルでダイレクトに変更したい。 α7では背面ホイールがISO感度ダイヤルになっていて、ISO感度をダイレクトに変更することが可能です。 また、A、S、Mの各モードでダイヤルの役割が変化しないのもポイントが高い。 ニコンやキヤノンのデジタル一眼だと各モードによってダイヤルで変更するパラメーターが変わります。 α7がデジタル時代のダイヤルの機能割り当ての正解に辿り着いた気がしました。

また、十分な数のダイヤルがあることに加えてDISP以外のボタンがカスタマイズ可能。 シャッターボタンからAFやAE-Lが切り離せるようになり、メニュー構成も新たにRXシリーズに似たものになっています。 このカスタマイズ性の高さはNEXよりもRX1の遺伝子を感じる。 

さて欠点も書いておきましょう。 EVFはミラーと比較すると見え方も応答速度もまだまだ。 この程度のEVFではOVFの置き換えにはならない。 ダイヤル操作に対するタイムラグがある。 α77でもそうでしたけど、ダイヤル操作に対する反応が少し遅れる所は直ってないですね。

とは言え、今まで発売されたミラーレス機で最も画質と操作性の良い機種であると思いますから、これは良いんじゃないでしょうか。

広告

Written by firefennec

2013年 11月 13日 @ 22:10

カテゴリー: カメラ