Planet Blue

ニコンプラザでDfを試す

ニコンプラザ大阪にDfがシルバーとブラックそれぞれ1台ずつ計2台置いてありました。
予想以上に操作性は悪かったですね。

背面ダイヤルに露出補正やISO感度の変更を割り当てることができません。
つまり、一般的なニコン機のような露出補正操作はできないということです。
露出補正やISO感度を変更するたびに、左手でロックボタンを解除してそれぞれのダイヤルを回す必要があります。
自分以外のDfを触ってた人も、操作に戸惑ってましたよ。

デザインだけではなく、操作性までフィルムカメラに戻ってしまったようだ。
私は絞り優先オート、ISOはマニュアル設定で撮影するので露出補正やISO感度の変更は頻繁に行います。
この操作性では実用にならないですね。

広告

Written by firefennec

2013年 11月 10日 @ 21:40

カテゴリー: カメラ