Planet Blue

LEAD 125とPCXに試乗する

LEAD 125とPCXに試乗して来ました。 試乗場所はホンダドリームさんなんですが、今回は事前に電話で試乗車の確認を取ってから行ってます。

9445329004_e3f601c5ae_z

LEAD 125

最初にお店から道路に出る時に間違ってホーンを鳴らしてしまいました。 ウインカースイッチとホーンスイッチの位置がホンダ車は他のメーカーと逆なんですよね。 慣れればとは思うけど、使用頻度の高いウインカースイッチが遠い位置にあるこの配置はちょっと使いにくいかなと。

発進加速はスムーズ。 60km/hまでトルクだけで持っていける加速力はあります。 LEADについては遅いという評判もよく見るんですが、私は動力性能に関しては十分だと思います。 原付二種にこれ以上の速さが必要だとは全く思いません。

アイドリングストップはONにして走行しました。 最初信号で停まった時にエンジンがストップするとエンストしたような感覚があったんですが、アクセルを少し開けるとタイムラグなくエンジンが始動して違和感を感じることなくスタートできました。 アイドリングストップの出来は見事でした。

LEADに乗っていて最も印象的なのは直進安定性の良さ。 信号停止前の低速域でも全くふらつくことがない。 自分はやらないんですが、すり抜けを多用する人にとっては大きな武器になるのではないでしょうか。 旋回性より直進安定性に振ったバランスで、バイクを傾けても自然に体勢を垂直に戻そうとする。

乗り心地は意外とシートが硬く、路面の凹凸にあわせて車体がピョンピョン跳ねるような挙動がある。 乗り心地は所詮原付という域を出ていない気がしました。

LEAD 125の特長を一言で表すと直線安定性ということになると思います。

9442539621_2cd9af7639_z

PCX

続けてPCXの試乗をさせてもらいました。

まず、LEADと比べるとマフラー音が大きい。 「あれ?マフラー換わってたかな?」と思わず後ろを向いて確認したぐらい(もちろん、ノーマルマフラー)。 アクセルを開けると、カラカラカラカラけたたましい音をたてるのに、スピードが乗って行かないところが可笑しい。 動力性能はLEADと全く変わりません。 同じエンジンですから当然ですけどね。

では、何が違うのかというとまずは乗車した時にLEADと違って足を伸ばせる。 バックレストが効いていてお尻のはまり具合が良い。 そして、乗り心地がLEADと比べると遥かに良い。 LEADだとちょっと身構えるような凹凸でもスッと乗り越えられる。 ホイールサイズの違いからくる乗り心地の差は非常に大きい。 旋回性能やフレーム剛性も高く、これならちょっとした峠道も楽しめるかなというフィーリングがありました。 乗り心地とフレーム剛性については原付二種というクラスを超えた性能をPCXは持っている。

逆に欠点はシートの出来が非常に悪いということですね。 シートが硬くてクッションがなく、10分程度の試乗でもちょっとお尻が痛くなりました。 以前ホーネット250の初期型に乗ってたんですが、ホーネットのシートも酷かった。 そのホーネットのシートよりはちょっとマシかなという程度のシート。

このシートについては、14インチという大きなホイールのタイヤを履かせて、シート下にヘルメットの入るラゲッジスペースを備えつつ、なおかつシート高をできるだけ下げて足つきを良くするという、相反する要求を満たすためにクッションを削らざるを得なかったんだろうなとは思います。 しかし、車体のバランスさえしっかり取れれば足が付くか付かないかというのは大きな問題ではありません。  足が付かないと不安な人向けに無理にシート高を下げてしまったのは残念な部分です。 PCXほど車体のバランスが良ければ、シート高は高くても構わないと思うんですがね・・・。

さて、LEAD 125とPCX両方に乗せてもらって、どちらがより気に入ったかというとPCXです。 やはり、乗り心地の差は大きい。 そして、PCXの方が走行性能が高く乗っていて楽しい。 PCXの酷いシートは何かしらで改善しないといけないし、リアキャリアのパーツ代と取り付け工賃の計15000円高くなったとしても、PCXの方がいいかなという気はしました。

(追記)

このページのアクセスが多くてびっくりしています。

検索ワードを見てるとLEAD 125のインプレを求めてきてる人が多いような気がするので、LEADについて追記しておきましょう。 LEADとPCXの試乗は原付二種で一番最初に行いました。 この後、アドレスやシグナスX、Dio 110にも試乗させてもらっています。

LEAD 125の動力性能については、本文に書いている通り。 エンジンがeSPエンジンに換装されて、LEADの動力性能に不足はなくなりました。 パワーはPCXやアドレスと比較しても劣っていません。 旋回性能は低く、直進安定性に振ったバランス。 走っていての面白味はほとんどありません。

乗り心地はPCX、LEAD 125、アドレス125、シグナスX、Dio 110の5車種の中で最低。 路面の凹凸で車体が跳ねやすい上にシートが硬い。 車体自体の乗り心地はアドレスやシグナスと大差ないが、シートに差がある。 アドレスはシートの座り心地が抜群に良く、リミテッドであれば更にシートヒーター付き。 シグナスのシートはアドレスに次ぐ出来。 総じてホンダ車はシートの出来が悪く、それが乗り心地を悪化させている。

LEAD 125の最大の長所はシート下に長物を積めること。 後部座席も広く、リアキャリアも標準装備。 フロアもフラットで積載性はNo.1。 ただし、乗り心地は悪く、走っていて楽しいというバイクではない。 原付二種版ビッグスクーターといえるPCXとはキャラクターが正反対で、LEADはカブに代表される商用バイク的な色彩が濃い。 手ぶらで行ってちょっと借りて試乗するようなシチュエーションでは、PCXの方を気に入るのは当然で、使用目的や用途によって評価は変わってくると思います。

広告

Written by firefennec

2013年 8月 6日 @ 21:14