Planet Blue

キヤノンのAPS-Cコンパクトに期待してる

RX100を買ったばっかりなのに、すでに次の機種のことを考えています。

別に買って後悔しているというわけではないんですが、やはり1インチセンサーの画質では満足できない。 スマホとは別に単体のカメラを持って行って、バッテリーを充電して、操作を覚えて使う以上は、このくらいの画質は出してもらわないと困るという最低限のラインがあるじゃないですか。 自分の場合、そのラインはエントリークラスのAPS-Cデジタル一眼レフ。 言い換えればKissレベルの画質はコンパクトであっても出して欲しい。 1インチセンサーではそのレベルに到達していません。 また、その差も結構大きい気がします。

自分がサブのコンパクトに求める条件は
・APS-Cセンサー
・単焦点レンズ
・手ブレ補正
・動画性能

昔、ザクティというビデオカメラがありましたよね。 ザクティの系譜はパナソニックの防水ビデオカメラに受け継がれているんですが、あの程度の動画性能は欲しい。 現状、どのAPS-Cコンパクトも手ブレ補正がない。 静止画だけであれば、手ブレ補正がなくても何とかなると思うんですが、動画を撮ろうと思うと手ブレ補正は必要。

A New Large Sensor PowerShot Coming [CR1]

そこでこういう噂があります。
ニコンがCoolpix Aを出しましたから、キヤノンがAPS-Cコンパクトを開発しているというのは十分有り得る話。 キヤノンが出すなら単焦点ではなくズームレンズというのも妥当なところでしょう。 ズームレンズであれば手ブレ補正を入れてくる可能性が高い。

先日、Digic 6搭載のPowerShot SX280 HSを触ったんですが、非常に手ブレ補正が強烈になってます。 自分が持っていたPowerShot S100だと、手ブレ補正が効いてるのか効いてないのかよく分からないような効き具合だったんですが、大幅に良くなってます。 また、電源を入れてから撮影が可能になるまでのレスポンスもびっくりするほど早くなってるし、動画性能も大幅に強化されている。 キヤノンの場合、動画でAVCHD縛りがなく、MP4でフルHD録画できるのがポイントが高い。 ビデオカメラでもそうですよね。 アップル製品がMP4しか再生できませんから、MP4で録画したいとこなんですよね。  

そう考えていくと、ズームレンズは必要ないけど、自分の理想に最も近いサブカメラになるんじゃないかなと。 これでCoolpix Aを意識して操作性やカスタマイズ性をEOSに近づけてくれれば・・・なんて思っています。 まぁ、期待を裏切られてもガッカリしない程度にはキヤノンに期待してます。

広告

Written by firefennec

2013年 5月 30日 @ 20:46

カテゴリー: カメラ