Planet Blue

ニコンプラザでD7100を試す

ニコンプラザ大阪でD7100に触って来ました。 
結論から書くと良くも悪くもニコンらしいカメラだなと。 

D7100とCoolpix Aの両方共に1台ずつ置いてありました。 
まずD7100を触らしてもらったんですが、グリップが気持ちD7000より握りやすくなっています。 背面上部にあったスピーカーが下部に移動して、AE/AFロックボタンがよりグリップに近い位置に移動して押しやすくなっている。
操作性での最大の改善は、露出インジケーターの+-の方向がデフォルトで入れ替わったということでしょう。 D4/D800からそうなったんですけど、やっとニコンも他のメーカーに合わせてくれたかと。 キヤノンを始めとする他のメーカーのカメラとの併用を考えるととても助かる。 以前詳しく書いた通り、D7000でも露出インジケーターの方向を入れ替えるオプションはあったんですが、その設定をオンにしてコマンドダイヤルの方向を入れ替えると、絞り値やシャッター速度の設定方向まで逆になってしまうので、入れ替えられませんでした。
従来のニコン式に慣れている人からは不満の声もあがりそうですが、「露出インジケーターの方向を入れ替える」と「コマンドダイヤルの回転方向を露出補正時のみ入れ替える」の2つの設定をオンにすることで従来のニコン式に戻せるので全く問題ないでしょう。

シャッターフィールはD7000と全く変わらず。 D7000で問題のあった中央以外の測距点のAF精度は間違いなく良くなっています。 しかし、AF速度にはD7000と体感できるほど差はない。

ここまではD7000から良くなっている部分なんですが、1つ気になる部分がありましたね。 それは背面液晶が緑被りしているように見えたこと。 D7000の背面液晶の色味には違和感を感じたことはないので、気のせいではないでしょう。 

Nikon D600 Hands-On Review (Part 1)
D600 LCD green tint comparison

D800の背面液晶の緑被りは有名ですが、D600の背面液晶も緑被りしているように見えます。 D7100の背面液晶もD600の背面液晶と同じような色味でした。

画質については、やはり発色が好みではないですね。 D7000のようにRAWから現像すれば高画質が得られるかもしれませんが、少なくとも実写サンプルを見て欲しいと思えるような画質ではないのは確か。

まとめると、とてもニコンらしいカメラだなと。 ボディや操作性は世代が新しくなるごとに着実に良くなるんです。 しかし、ニコン機でいつも問題になるのは色調じゃないですか。 それも黄色被り、ないしは緑被り。 それが直らない。 ニコン機の大きな欠点は後そこだけなのにと思うともどかしい。

広告

Written by firefennec

2013年 3月 18日 @ 21:30

カテゴリー: カメラ