Planet Blue

カードリーダーを新調する

5D2で使用しているコンパクトフラッシュをカードリーダーで読み取ろうとした時に、カードリーダーのピンを曲げてしまいました。

1番ピンはGND端子のようでこの状態でもファイルの転送は可能なんですが、このまま使ってるとコンパクトフラッシュが壊れてしまいそう。
今までSDHCカードを使用するデジカメしか使って来なかったので、CFにこういうリスクがあるとは思いませんでしたねぇ。

カメラ側のCFスロットはどうなってたかなと5D2のスロットを見てみると、金属のガイドレールが付いている。 これなら、ピンが折れる心配は無いなと。 カードリーダーにも金属のガイドレールが付いてる物を探したんですが、見つけられませんでした。

しかし、調べている内にコンパクトフラッシュが深く挿せるカードリーダーほどピンが曲がりにくいらしい、ということが分かって来ました。

USB2-W63RW

海外の製品ですが、コンパクトフラッシュのピンが曲がりにくい事をアピールしているカードリーダーは、確かに深くまで挿さっている。 

日本で販売されているカードリーダーでコンパクトフラッシュを深くまで挿せて、そこそこ値段の安い物を探した結果、行き着いたのがELECOM MR-A005BK。

ELECOM MR-A005BK

ご覧のようにコンパクトフラッシュがかなり深くささります。 ただ、CFスロットのプラスチックのガイドレールが入口の最初の7mmぐらいまでないので、CFを挿す時には慎重にしないとまたピンを折ってしまいそうな感じがしますね。

広告

Written by firefennec

2013年 2月 8日 @ 21:02

カテゴリー: カメラ