Planet Blue

Creative inspire T10 を購入する

普段、PCで音楽を聴く時に使っているのはスタックスのヘッドホンなんですが、ゲーム等で長時間着けているのは頭部への負担になるので、そういう場合はスピーカーで音を出せればいいなと思って、アクティブスピーカーを購入しました。

実は最初に購入したのは、エレコムのMS-UP201BK。 「音さえ出ればいいな」、「USB電源でACアダプタが邪魔にならなくていいな」と思って、ヨドバシ梅田で480円で買ってしまったんですが、これが大失敗。
まるで100円ショップで売ってるAMラジオのような音質。 音さえ出ればいいというレベルにすら到達していない。 よく調べずにこんな物を掴んでしまった自分が情けない。 ヨドバシの店頭で購入してるので返品しようと思えば出来ると思うんですけど、その手間も面倒。 こんな物をオークションに出しては落札者様に申し訳ない。 ということで、MS-UP201BKはリサイクルショップ送りとなりました。 ちなみに買取価格は30円。

バッケージ

今度は入念な下調べを行った結果、購入したのがCreative inspire T10。 クリエイティブ製品を購入するのは、古のSound Blaster以来。 箱を持った時の感想は「重っ」。

内容物

右側スピーカーの背面

右側スピーカーの側面

各コードの長さがクリエイティブの製品情報ページにも書かれていないので、自分で測った長さを書いておきます。 ACアダプタの電源コードの長さが160cm。 付属のステレオミニケーブルの長さが200cm。 左右のスピーカーを繋ぐコードの長さが140cm。 コード長はいずれも長目です。

さて、肝心の音質ですがドンシャリだと思います。 いかにもゲーム向きって感じ。 低音をコントロールするTONEダイヤルを絞るとドンシャリのドンが無くなってシャリシャリになる。 あまり変えない方がいいのかなと。  ただ、私は普段スタックスですからね。 高音重視のフラット派。 低音がドンドン出てれば高音質という考え方は全く無いので、そこは割り引いて下さい。 3000円という値段を考えれば妥当な音質でしょう。 

広告

Written by firefennec

2013年 2月 6日 @ 21:51

カテゴリー: オーディオ