Planet Blue

Logicool Wireless Mouse G700を購入する

今までマウスはLogicoolのG9xというのを使っていたんですが、ボタンが少ないので新しく買い替えてみました。

Razer Naga 2012

実は最初に購入したのはG700ではなく、Razer Naga 2012。
サイドに12個のボタンが有る。
どのボタンを押してるのか分からなくなるので、各ボタンに貼るシールが付属しています。

ボタンが多いのはいいんですが、カーソルの動きがおかしい。
カーソルの加速を切っているはずなのに、動き出しで加速するような動きをする。
何でなんだと思って調べてみたところ、こういうことらしい。

Mamba vs Imperator vs Naga センサー編

センサーの過敏すぎる動きを抑えるためにDPIスケーリングというソフトウェア補正が入っている。
買う前にちゃんと調べろよ、自分。
使っていてストレスを感じるので、G700に買い替え。

G700

ワイヤレスマウスなんですが、充電用のケーブルを繋ぐと有線マウスとしても使えます。
付属のケーブルは硬いので、市販の細いケーブルを買ってきて交換しています。
ケーブルを接続すれば、充電池として入っているエネループを抜いても使用可能。
ただ、充電池を抜いて使用するとサイドにある電池残量を表示するLEDが赤く点滅して非常に目障り。

これについては英語のフォーラムに改善して欲しいという要望が2010年8月に出てるんですが、未だに改善されていないところを見ると、今後もファームウェアアップデートでは改善されないんでしょう。
分解してLEDを潰すか、目張りシールを貼るかぐらいしか手がないですね。

LogicoolのマウスドライバといえばSetPointなんですが、G700はLogicool ゲーミングソフトウェアという別のゲーム用のドライバで動かせます。
このドライバ、各ゲームのプロファイルを作成できて、ゲームを起動すると自動でプロファイルが適用されて便利。
ただ、このドライバがG700に対応したばかりで日本語化されていないとか、PCをスリープから起動するとボタンに割り当てた機能が動作しない(Logicoolゲーミングソフトウェアを再起動すると直る)などのバグがあります。
英語のフォーラムにバグ報告はしてあるので、そのうち修正されるかもしれません。

マウスとしてはかなり使いやすいです。
カーソルの動きはG9xと変わりませんし、サイドのボタンも押しやすい。
人差し指のところにある3つのボタンは押し難い(特に1番手前のG8ボタン)ですが、それほど頻繁に使う機能を割り当てていないので、あまり気にはなりません。
全体としてかなりお勧めできるマウスだと思います。

広告

Written by firefennec

2013年 1月 30日 @ 21:12

カテゴリー: PC