Planet Blue

DMR-BRT300のファームウェアアップデートを行う

最近、BRT300のCATVのホームターミナルからのi.Link録画がよく失敗するようになりました。 録画が途中で止まってしまう。 理由は分からないんですよね。 他の電気機器の電源を切ったり、雨が降ったりといったタイミングで止まってしまうような気もします。 ちょっとした電圧低下やデータの寸断で止まってしまうような印象を持っています。

BRT300のファームウェア更新のページを見ると、新しいファームがあって、その内容に「録画動作の安定性改善」という項目が多数含まれてるので、ファームウェアアップデートを行なってみました。
普通は放送波で自動で更新されるので自分で更新する必要はないんですけど、BDZと2台レコがあって放送波はBRTには入れてないんですね。 ホームターミナルからのi.Link録画専用機になっているので、自分でCD-Rにファームウェアを焼いてアップデートするしかない。 ここでちょっとつまづきましたね。

最初、ファームウェアをImgBurnで焼いたんですけど、これだと上手くアップデートできませんでした。 ディスクの焼きソフトはImgBurnで全て事足りるので他のソフトは入れてなかったんですけどね。 仕方ないので、押入れの中から古いバージョンのB’s Recorderを出してきて、それで焼くと上手くアップデートできました。
こんなとこで躓く人は私ぐらいかも知れませんが、念の為に書いておこうかなと。

広告

Written by firefennec

2012年 8月 28日 @ 19:01

カテゴリー: 映像機器