Planet Blue

PowerShot S100 レビュー 機能&まとめ編

S100レビューの続き。

・機能

起動速度や連写などのレスポンスが大幅に高速化された。 前面にゴムの持ち手ができたのも地味に効いている。 これらの改善によって、よりスナップ向けの適性が増した。

ISO Autoの最大上限感度がなぜか1600。 ISO3200や6400で撮ろうと思うと手動設定するしかない。
3200や6400だとノイズが増えるからAutoで勝手に上げられると困るなら、ISO Auto時の上限感度を1600に設定すればいいだけですから、最大上限感度を1600に制限する理由は謎です。

ISO Autoといえば、MモードでのISO Autoは不可。 これは出来ないコンデジが大半なんですけど。
D7000で動体撮影をする時にMモードでのISO Autoは結構使います。 F値とシャッター速度を任意に設定して、露出はISOで調整する。 コンデジでもこういう撮影ができるようになればいいんですけど。

S100の目玉と思われるGPSについては、常時オフなのでよく分かりません。 GPSは旅行や登山なんかの時には便利かなという気もするんですが、そういう時にはD7000を持って行ってそちらで撮影してしまいますから、サブのS100の出番はないんですよね。 S100の主な用途は自宅を含むメモ撮りなので、オンにしての運用はできません。

・まとめ

S95と比較してレスポンスやNDフィルター内蔵など、良くなっている部分は多いんですが、ISO Autoや動画の不可解な仕様や熟成不足を感じさせる部分もある。 改善して欲しい部分は決して少なくない。

お勧めかと言われると、微妙なところ。 その理由は2つ。
1つ目はDSC-RX100が出たこと。 画質はRX100の圧勝なのは誰の目にも明らかですからね。 更に操作性やカスタマイズ性でもRX100の方がずっと良い。 RX100はホイールボタン全てをカスタマイズできる。 RX100はS100より一回り大きいですし、広角24mmやGPSなどRX100にはない要素もあるんですが、ポケットに収まる範囲の大きさで画質と操作性に拘る人にとってはさして重要な要素ではない。 画質と操作性に拘るカメラ好きなら当然RX100を選択するべきだろう。

2つ目はCanon RumorsにフォトキナでPowerShotの多くがアップデートされるという見逃せない記述があること。 S100の発売日は去年の12月8日ですから、9月18日開幕のフォトキナでは少しモデルチェンジには早いような気もするんですが、今年はフォトキナイヤーですからモデルチェンジされる可能性も十分。 S90からS95へのモデルチェンジはマイナーチェンジ。 S95からS100へはフルモデルチェンジでしたから、次はマイナーチェンジと予想される。 後継機種はより完成度の高い機種になるでしょうから、それまで待つというのも手かと。

おそらくここを読んでる人は、S100に興味があって買おうかなと思ってる人だと思うんですが、購入するにしても欠点を知った上で買った方が後悔がないんじゃないかと思うんですよね。 そうは思いません?

広告

Written by firefennec

2012年 7月 29日 @ 00:02

カテゴリー: カメラ