Planet Blue

PowerShot S100 レビュー 画質編

PowerShot S95が非常に完成度の高い機種でしたから、その後継機種に買い換えるのは手堅い選択だと思っていたんですが、意外な落とし穴があったりするわけですよ。


・画質

S100で撮影した画像を見てすぐに気が付いたのは、S95と比べて輪郭強調が弱められたということ。 S95は輪郭強調が強すぎてギスギスした画像だったのが、S100では自然になりました。 それは良いんですが、逆に困ったことがある。 それはAWBが寒色に少し寄っている。 シーンによっては青被りする。 S95ではAWBで100枚撮影して後補正が必要なのは2,3枚程度でした。  キヤノンのAWBには全幅の信頼を置いていたので、これは意外でしたね。

では、なぜS100のAWBは外すのかを考えると、DIGIC 5が初搭載された機種だからということになるんでしょう。 DIGIC 4が初搭載されたEOS 50Dも発売当初はマゼンタ被りがあって、ファームウェアアップデートで改善されたということがありましたから、チューニング不足という部分があると思われる。 AWBの色調を調整できる機能はあるので、少しアンバーよりにするか考えているところです。

S100はS95と比較して高感度ノイズが大幅に減ったと書かれているレビューがあるが、それは大きな嘘を含んでいる。 jpeg撮って出しで比較するとS100の高感度ノイズはS95と比べてかなり減っているのは確かだが、RAWで見ると大差はない。 同じセンサーサイズで、センサーがソニー製からキヤノン製に変わっただけだから、大幅にノイズが減るということはありえない。 S100の高感度ノイズが減ったように見えるのは、高感度ノイズリダクションが強められた結果だ。 S100の画像はよく見ると細部が溶けてドロっとした画像になっている。 最近発売されるコンデジはノイズリダクションが強い機種が多くて、特に極小センサー高倍率ズーム機になると、「これはもはや写真ではなくイラストでは?」と感じるような画作りの機種も存在する。 ノイズリダクションでノイズを潰した画を見て、ノイズが減ったとは自分は言いたくない。 私にはS100のノイズリダクションは少し強すぎるように思う。 高感度ノイズリダクションについては「弱」で運用しようと思っている。

輪郭強調が弱められた事とノイズリダクションが強められた結果、S100はS95と比較して軟調な画作りになった。

・動画

1920x1080pixelのフルHD動画に対応したのはいいのだが、プロファイルがBaselineなのにビットレートは33.7Mbpsというとてもチグハグな仕様になっている。 これはプロファイルをHigh Profileにして、ビットレートを18Mbps、12Mbps、8Mbpsあたりから選べるようにしてくれれば、画質も使い勝手も良くなったのにと思う。

広告

Written by firefennec

2012年 7月 28日 @ 18:16

カテゴリー: カメラ