Planet Blue

DSC-RX100が発表

ソニーのサイバーショットにはカメラマニアから見て購入意欲を刺激されるようなモデルはなかったんですが、これはかなり良いんじゃないでしょうか。

・ポケットに収まるサイズ
・大型センサー
・手ブレ補正
・マニュアルコントロール

デジタル一眼のサブ機として必要とされる条件を全て満たしている。
RX100を見た時、私のために出してくれたのかと思いましたもん。
もちろん、そんなわけないんですが、デジタル一眼を持っている男性ユーザーをターゲットにしているのは間違いないところでしょう。

早くもdpreviewには、ライバル機種との大きさ比較や実写サンプルが掲載されています。
1インチセンサーを使用して、Powershot S100より少し大きい程度のサイズなのは驚異的。
画質も最新のソニー製センサーらしく、繊細さを感じさせるニュートラル傾向なもので、非常に良いと思います。

・ファーストインプレッションの翻訳

我々は数日RX100を使用しただけだが、最初の印象は大部分がポジティブだ。 我々はまだRAW出力の画質を見ることが出来ない。 しかし、Jpegの画質は小型センサーを搭載したソニーのサイバーショットより確実にワンランク上である。 AFと連写は高速で、真にコンパクトなボディとハイアマレベルのパフォーマンス、柔軟なカスタマイズ性は日常使用において非常に魅力的だ。

サイバーショットであるにも関わらずRX100はメニューの多くをアルファシリーズから流用している。 これはRX100のメニューがやや高密度な、マルチタブ式のメニューシステムであることを意味する。 したがって、ISOオート時の感度の上限と下限を設定するような多くのオプションを持っている。 我々は再生モードでのズーム動作の不条理なタイムラグに失望した。 また、他のモデルで効果的なタッチスクリーンインターフェースに慣れているので、タッチによって測距点を選択できることを望んでいるのに気が付いた。 しかし、これらは全体から見れば些細な欠点に過ぎない。

RX100を使用する上での懸念材料は、レンズ部にあるコントロールリングだ。 このコントロールリングは相当酷使されることになる。 コントロールリングはフォーカスと焦点距離を調整するのに素晴らしく効果的だが、リングの機能をISO感度や露出補正に変更した場合、シームレスなコントロールリングの感覚は(特に人工のクリックサウンドを消すなら)奇妙だと感じられる。 また、ほとんどクリック感を持たないコントロールリングは偶然動いてしまう危険性がある。 試写の間、我々はコントロールリングに露出補正を割り当てていたが、偶然のリング回転で露出アンダーの写真を撮ってしまった。

しかしながら、全体としてターディスのようなRX100に感動しないのは難しい。 650ドルの表示価格は、大型センサーの重要性が分からない消費者の眉を吊り上げるだろう。 だが、それは避けられない。 ついにソニーは1インチセンサーと28-100mmのズームレンズを、ユーザビリティとマニュアルコントロールを犠牲にすること無く、楽々とシャツのポケットに収まるボディに詰め込んだ。 我々は全てのスタジオテストと実写テストを始めるのが待ち切れない。 その時まで、サンプルギャラリーをダウンロードし精査して、このカメラについてどう思うのか遠慮なくコメントして欲しい。

広告

Written by firefennec

2012年 6月 9日 @ 02:53

カテゴリー: カメラ