Planet Blue

大阪モーターサイクルショー 2012

今年も大阪モーターサイクルショーに行ってきました。

インテックス大阪に着いたら、展示を見るより先に試乗をしました。
試乗を希望する人の少ない不人気車種ほど早く乗れるシステムなんで、FZ1 FAZER GTあたりが不人気だろうと予想して、FZ1を希望してみたんですが予想通り割りとすんなり乗れました。 本当はNC700Xに試乗しようと思ってたんですけど、一番人気でしたね。 NC700Xの試乗の申し込みは人数が多いのですぐに締め切られました。

意外にもハーレーのスイッチバックとスーパーローが人気なくて、ハーレー乗れば良かったなと。 500m乗っただけで楽しいバイクですから、一番こういう試乗向けかもしれない。

展示で一番興味があったのはBMWのC650 GT。 あまりまだ情報がなくて、これを見に来たってのが今回の目的でした。 説明員の方に発売時期について聞いてみたんですが、日本に輸入するための排ガスとかの検査をしてる段階らしいです。 順調に行けば今年の10月から11月に発売になる予定だそうですが、上手くいかなければ来年までずれ込む可能性もある。

「価格についてはよく聞かれるんですが、まだドイツの本社からは価格について全く聞いていません。 ただ、現場スタッフの間では、国内にもT-MAXなどの競合車種があるので、それらと比較してそれほど高くはならないのではないかと予想しています」。 そこで「100万円ぐらいですか?」って突っ込んでみたら、「そのぐらいでしょうね」みたいな感触でした。

「シート下を見せてもらえませんか?」って頼んでみたんだけど、キーを貰っていないので開けられないと。 なので、電源を入れてメーター周りの表示を見たりもできない。 日本に入ってきた車両は、まだエンジンも掛けたことないらしいです。

跨らせてもらったんですが、やはりシートの出来が素晴らしいですね。 電動スクリーンやグリップヒーター、シートヒーターも付いていて装備については言うことなし。 サスも国産スクーターとは別物でしょうから、乗り心地もきっと素晴らしいものになるんでしょう。 自分にとってはとても魅力的に感じました。

試乗出来なかったNC700X。
F650CSやF650GSあたりの影響を強く感じるな。
ホンダだから、エンジンは綺麗に回るだろうし、信頼性や燃費もいいんでしょう。
でも、シートやサスにはお金掛かってませんよね。
悪い意味でホンダらしいバイクで、試乗する必要もなかったなと思います。

ホンダならインテグラの方がいいな。
「中途半端」って言ってる人もいたんだけど、従来のモーターサイクルでは積載性や利便性がなさすぎる。 かと言って、スクーターではライディングプレジャーが得られない。 となれば、両者の良い部分をクロスオーバーさせていこうというのは、真っ当な方向性だと思います。
ただね、速いバイク=良いバイクという二輪業界を形作ってきたのはホンダ自身ですから、こういう正しい方向性のバイクの良さを理解して貰えるのかどうかは知りませんけどね。

痛車もありということで、最もトレンドに敏感だったのはホンダでしたね。
逆に、「トレンドなんて知ったこっちゃない」って感じだったのがカワサキ。
なので、カワサキの展示車両が一番印象が悪かったですね。
でも、お姉さんはカワサキが一番レベル高かったんだよなぁ。

カワサキさん その1

カワサキさん その2

ホンダさん

スズキさん その1

スズキさん その2

ヤマハさん

ドゥカティさん その1

ドゥカティさん その2

目線をありがとうございます

ドゥカティのショートカットの子が一番可愛かったな。

広告

Written by firefennec

2012年 3月 21日 @ 20:39

カテゴリー: 旅行