Planet Blue

GF3を購入する

自分用ではなく、家族用にGF3を購入しました。

なぜ、GF3を購入するハメになったのかというと、こういう事です。 見事にパリーンと。
Coolpix S600なんですけど、これを買うときもNikon D40にすればと提案したんですが、デジタル一眼は大きすぎると却下されました。 それで、Coolpix S600を買ったんですね。 たしか、当時世界最薄だったんじゃないかと思います。 写りには満足してなかったみたいですけどね。

今回新しいのを買うにあたっても、まだ小さいのとか言ってたから、それなら携帯をちゃんとしたカメラの付いてるのにかえて、携帯で撮ればいいじゃない。 単体のカメラを買うなら画質がいいのを買わないと意味ないんじゃないかって言って、そこは納得してもらって、それで予算3万円以内でいいのを買ってくれという話になったんですよね。

最初に考えたのはKiss X4。 誰でも簡単に綺麗に撮れるという部分での完成度は素晴らしいカメラですからね。 しかし、残念ながら予算オーバー。 X6が出れば2世代前のモデルになるので中古で行けるかなと思っていたんですが、今年はモデルチェンジしないという話になってます。 次は、予算をちょっと足して自分用にPowershot S100を買って、今使ってるS95をお下がりで・・・というのも考えたけど、それもちょっといやらしいかなと。
その他のハイエンドコンパクトはセンサー面積あたりのコストという部分で割高感が自分にはあるので却下。

で、結局こうなったと。
GF3はチャンプカメラで新品を購入しました。 19800円でした。 かなり安かったと思うんですけどね。
レンズはヤフオクでレンズキットから抜き取られたと思われる新品同様のレンズを購入しています。 本体とレンズ合計で約3万円。 サイズを重視するならパンケーキレンズもあるんですが、パンケーキレンズだと手ブレ補正が効きませんし、電動ズームレンズはまだ高いので、とりあえずこれで使ってもらってって感じですね。

自分でもデフォルト設定jpeg撮って出しですがちょっと使ってみました。 AFが速くて正確ですねぇ。
画質は平面部はのっぺり感があるのに、輪郭は非常にシャープ。 平坦な部分ののっぺり感は、ノイズリダクションが掛かっているのと、色のトーンに滑らかさが欠けているのが原因でしょう。 輪郭には強めのシャープネスフィルタが掛かっている。 この画作りの傾向は今サブで使っているS95に相通じる物があります。 現時点で最もモダンな画作りってことなんでしょう。 ただ、この画作りだとちょっとCGっぽい不自然さが出るんですよね。 まぁ、ノイズはPCのベンチマークのように比較されてしまいますから、難しいところですね。

広告

Written by firefennec

2012年 1月 24日 @ 02:38

カテゴリー: カメラ