Planet Blue

日本の頂へ 三日目

山小屋での夜はやはり眠れませんでした。

暖房は効いてて暖かいんだけど、他の人のいびきがうるさくて眠れない。
そうこうしているうちに深夜1時。 山頂でご来光を見る人が起きる時間だ。
山小屋のスタッフの人も起こしにくるし、みんなごそごそ準備しだすので寝ていられない。
自分も最初は1時に山小屋を出る予定だったけど、なんか寒気がして風邪引いちゃったかなという気がしたので、もうちょっと寝ていようと。 周りの人がいなくなって広々とした空間で3時間ほどゆっくり寝れたのが結果的には良かった。
ご来光を見るために4時過ぎに起きて山小屋の前に出てみるとさすがに寒い。 真冬並みの気温。

雲は多かったですが

なんとか、ご来光は見れました

朝6時に山小屋を出発です。

山頂でご来光を見た人がどんどん降りてくる

頂上が見えた!

私はこれまでに、これほど青く澄み渡った空は見たことありません。

9合目から山頂までの景色は本当に素晴らしい

頂上の直前に岩場があるんだけど、頂上というニンジンが目の前にぶら下がってるので苦にならない。

9時頃に山頂に到着

頂上は海の家みたいな休憩所が立ち並んでいて海水浴場みたい。 普通に携帯も繋がるし、自販機もあるしね。 ただ、ペットボトル1本500円だけど。

お鉢巡りに出発

火口の周りをぐるっと一周するだけだから楽だろうと思ってたんだけど、かなりアップダウンがあってきついということに行ってから気が付いた。  ツアーでもお鉢巡りを入れる場合は山小屋でもう一泊するケースが多いんだけど、その理由が分かったね。

右上の気象観測所が日本最高地点の剣ヶ峰

剣ヶ峰に行くまでの傾斜がきついんだけど、ここまで来たらはってでも行くしかない

日本の頂上に立った

日本最高地点の展望台からの眺め

お鉢巡りが終わった後は下山するのみ。 降りるのは楽かなと思ったけどそうじゃなかった。
下山道は傾斜のきつい岩の混じった砂利道だったんだけど、滑りそうになった時に左の膝を捻ってしまいました。 左の膝が痛くて曲がらない。 ガラパゴスゾウガメ並みのペースで降りてたんだけど、他の人を見ていたら後ろ向きに降りていく人が。 自分も真似してやってみたらあんまり膝が痛くない上に、前を向いて降りるよりずっとペースが速い。 なので、もうずっと後ろ向き歩行で降りてきました。 昼ぐらいから降り始めて、掛かった時間は6時間以上。 途中でおそらく一般の登山者ではないボランティア?の女性の方に「大丈夫ですか?」と声をかけて頂きありがとうございます。 この場でお礼を書いておこう。

日が落ちたスバルライン5合目にはほとんど人がいない

本当はもっと早く降りてきて、温泉に入って本場のほうとうを食べる予定だったのに、降りるのに時間がかかりすぎて、すぐに帰りのバスに乗らなければいけなくなってしまった。

富士山初めて登りましたけど、登りは結構楽しかったけど、下りは長く単調できつかったですね。

広告

Written by firefennec

2011年 8月 3日 @ 05:02

カテゴリー: 旅行