Planet Blue

D7000 インプレッション その他&まとめ編

D7000のインプレッションの続きです。

・使いやすくなったライブビュー

D90の場合、ライブビュー時の背面液晶の表示と実際に撮影される画像の露出が一致しておらず、ライブビューでは適正な露出に見えるのに実際の撮影画像では露出が外れていてビックリさせられることがあったが、D7000ではライブビュー時の背面液晶の表示が正確に露出を反映するようになり、とても使いやすくなった。 電子水準器が搭載されたのも嬉しいポイントだ。

コントラストAF速度と精度もD90と比べてかなり良くなっている。 ただ、それでもまだ一般的なコンデジのAF速度には及ばない。

D7000は非CPUレンズに対応したので、MFのオールドレンズを使用する際に、フォーカス面を拡大して精密なピント合わせを行えるのでとても重宝している。

・細かな改良

画質以外の改良で一番気に入ったのが、バッテリーの端子カバーが端子のある側面のみを覆う形状に変更されたこと。 D90のバッテリーの端子カバーは硬くて外すときにいつも爪を痛めそうになった。

充電器に変換プラグが付いてコードを使用しなくても充電できるようになったのも良い。 旅行などの時に荷物がかさばらなくて助かる。 充電器を机の上などで固定して使うときに便利なように、従来の電源コードも付属している。 この気配りは素晴らしい。

・歯痒い操作性

ISO感度ボタンの位置と役割はD7000でも変更されなかった。 D90でもD7000でもISO感度変更をコマンドダイヤルに割り当てれば、絞り優先モードとシャッター速度優先モードであればISO感度の操作性は良い。 しかし、問題なのがマニュアルモードの場合。 Mモードの場合にはコマンドダイヤルは絞りとシャッター速度に固定される。 ISO感度を変更するには、背面のISO感度変更ボタンを使わなければいけない。 ISO感度変更ボタンの位置が良くないのに加えて、再生画像の縮小と兼用になっているのが困る。 実はこれが気に入っていたD80を手放した最大の理由。 D80ではコマンドダイヤルにISO感度を割り当てられず、どのモードでもISO感度変更ボタンを使うしかなかった。 頻繁にISO感度を変更する状況では、ISO感度を変更しようとして再生画像を縮小してしまうことが多くて、とてもストレスが溜まった。 D7000でもマニュアルの時には、この点に変わりはない。

露出インジケーターのプラスマイナスの方向と、コマンドダイヤルの回転方向、コマンドダイヤルのメインとサブをキヤノンと完全には同じにできない。 露出インジケーターの方向自体は設定で入れ替えられる。 しかし、露出インジケーターの方向を変えてもダイヤルの回転方向は変わらない。 なので、コマンドダイヤルの回転方向も反対にすると、絞り値やシャッター速度の回転方向まで反対になってしまう。 「露出補正のみコマンドダイヤルの回転方向を反対にする」という設定を追加してくれると助かるのだが・・・。 

コマンドダイヤルのメインとサブの入れ替え設定には「Aモードのみ」という項目が追加され、一見メインとサブの役割をキヤノン機と同じにする事が出来るようになったように見えるが、ニコン機とキヤノン機ではメインとサブの位置付けが反対なのだ。 ニコン機の場合は背面ダイヤルがメイン、前面ダイヤルがサブ。 キヤノン機の場合は前面ダイヤルがメイン、背面ダイヤルがサブ。 なので、「Aモードのみ」の設定にすると前面ダイヤルで露出orISO感度、背面ダイヤルで絞りorシャッター速度というキヤノン機と正反対の操作になってしまう。 欲しいのは「Sモードのみ」という設定なのだ。

自分はニコン機しか使ったことがないのだけど、それでも露出インジケーターとコマンドダイヤルの方向、メインとサブの役割はキヤノンの方が理に適っていると思うし、ニコン機とキヤノン機を併用している人には切実な問題だろう。 この操作性に関してはおそらくメーカーに要望が相当あると思うんだけど、その対応が実に中途半端だ。

・まとめ

全ての面でD90より数倍良くなっている。 ただ、あまり手放しで褒める気にならないのは、D90からD7000でここまで画作りを変えられると「D90って一体何だったんだろう?」という疑問を持たざるを得ないからだ。 D90の画像の補正には本当に苦心させられた。 D90がD7000と同じ色調で発売されていたなら、D90に特に不満は持たなかっただろう。 D80からD90に変わったときの画作りの変化は大きかったが、D90からD7000の画作りの変化も同様に大きい。 これほどコロコロ画作りが変わってしまうと、ニコンが何を基準に画質を調整しているのかよく分からなくなる。

D7000をお勧め出来る人は、D90やD5000を使っていて画像が黄色っぽいと感じていた人。 あるいは、D50、D60、D80、D40のようなソニー製CCDセンサーを使用していたニコン機からの乗り換えを検討している人ということになるのだろう。 

広告

Written by firefennec

2011年 7月 23日 @ 01:22

カテゴリー: カメラ