Planet Blue

Logicool G9x を交換修理してもらう

PCを使っていたら急にマウスのホイールが空回りするように。 さらに、サイドボタンが効いたり効かなかったり。 あまりに突然のことだったのでWindowsがおかしくなったのかなと思ったんですよね。 試しに予備のMSのマウスを接続してみると正常に動作する。 でもまだ、OSとSetPointの相性という可能性も残る。 なので、同じロジクールのM510を買ってきました。

M510を買ってきたのは、ワイヤレスマウスが実用になるか試してみたかったというのもあります。 こういうのは自分の環境で試してみないと分かりませんからね。 ワイヤレスマウス試してみましたが、「なるほどね」って感じ。 有線マウスに比べてカーソルの動き出しがほんの少し遅れます。 普通に使う分には何の問題もありませんが、素早な反応速度の要求されるゲームやドット単位の作業をするには、まだ有線マウスの方がいいのかなと。

M510だとホイールもサイドボタンも正常に動作するので、この時点でG9xの故障が確定。 買った時には結構高かったのにもう壊れたのか。 買ってからすでに1年過ぎていましたから、直すのにいくら掛かるのかなと思って保証書を見てみると保証期間は3年。 それなら余裕で保証期間内。 ただ、ちょっと調べてみるとロジクールのサポートって評判悪いんですよね・・・。

少々不安を感じつつもロジクールのサポートに電話。 電話に出たのは男性でした。 ロジクールのサポート女は最悪だって書き込みを見た後だったのでちょっと安心。 一通り症状を説明すると、交換対応になるので保証書と納品書をスキャンしてメールに添付して送って欲しいとのこと。 以前、MSのマウスが壊れたときに同じ状況で、保証書と納品書をFAXしてほしいって言われたんだよね。 「家にFAXないから、保証書と納品書をスキャンして画像にしてメールで送れないか」と頼んでみたんだけど、「セキュリティの都合上メールは受け取れない」って断られたんですよ。 「OS作ってる会社がEメールを受け取れんのか!」って思ったんだよねぇ。 今はどうなってるのか知らないけど。

保証書と納品書をメールで送ってから3日後。 新品のG9xがパッケージで届きました。 不具合品返送用の紙袋とヤマト宅急便の着払い伝票も同梱されていました。 壊れたG9xは付属品も含めて紙袋に入れて着払いで送って交換完了。 ロジクールのサポートいいじゃないですか。 きっと、かなり改善されたんでしょうね。

広告

Written by firefennec

2011年 5月 25日 @ 21:17

カテゴリー: PC