Planet Blue

PowerShot S95 を買う

震災もあり特に書くようなこともなかったのですが、PowerShot S95を買いました。

S95を買った理由は、今までサブで愛用してきたPowerShot A1000 ISが壊れたから。
正確に言うと撮影自体は問題ないのですが、フル充電のエネループを入れても電池残量警告マークが付くようになってしまったからです。 電池蓋を何回か開閉すれば警告マークは消えて普通に撮影できるのですが、電源を入れるたびにですからね。 これは買い換えたほうがいいのかなと。

機種選定時にS95と比較した機種は、リコーのCX4、GR DIGITAL III、ニコンのCOOLPIX P300といったあたり。
店頭で試すたびにリコー機の操作性の良さには感心させられます。 分かってる人が作ってるんだなぁと。
CX4は最後までS95とどちらにするか迷った機種でしたね。 従来のリコー機の弱点であるノイズの多さや手ぶれ補正の弱さが解消されているみたいですし、旧機種になって価格も下がってます。 ただ、1/2.3型CMOSと1/1.7型CCDならやはり1/1.7型CCDでしょう。 サブのコンデジに望遠も必要ないですし。
リコー的にはそういう人はGR DIGITALを買って下さいということなのだろうけど、GR DIGITALは手ぶれ補正がないんですよね。 手ぶれ補正がないと手軽にメモ取りできるような雰囲気ではないのでパス。 GR DIGITAL自体、X100やミラーレス機が発売されてかつての輝きはないですからね。 商品企画自体が曲がり角ということで。

COOLPIX P7000やP300は明らかにキヤノンのPowerShot G12やS95を意識してますよね。 商品展開の方向性としては正しいのでしょう。 ニコンはデジタル一眼のシェアは非常に高いのに、デジタル一眼をメインで使用している人がサブに欲しがるようなコンデジがなかったですからね。 メインのデジタル一眼はニコンだけど、サブのコンデジはGR DIGITALやPowerShot Gという方は多かったのでは?
P7000なんかは非常にシャープで、コンデジで風景を撮る方にはかなり良い選択肢だと思います。
それでもニコンに行かなかった理由は、私がニコンのAWBや露出精度を信用していないから。 サブのコンデジでまでRAW撮りしたくはありません。

という訳で、最も無難なS95に落ち着いたわけです。
そのうちまたレビューでも書きますかね。

広告

Written by firefennec

2011年 4月 3日 @ 15:05

カテゴリー: カメラ