Planet Blue

柳沢の戦力外に思うこと

勿体無いよね。
柳沢ほどクレバーなオフ・ザ・ボールの動きが出来る選手はそうそういないのに。

2008年に14ゴールを記録した柳沢が、ここ2シーズン低迷している理由はなにか。
もちろん、怪我やコンディションの問題もある。
だが、最大の理由は2009年にディエゴがサンガに加入し、攻撃のイニシアチブを取るようになったことだ。

前にボールを預け、自らゴール前に飛び込んでいくことを好むディエゴでは柳沢の動きを生かせない。
柳沢と同じくクレバーなオフ・ザ・ボールの動きを特徴とする大黒がヴェルディ時代得点を取れなかったのもディエゴが原因だと思っている。
実際、ディエゴのプレースタイルと噛み合う選手ってフランサぐらいしかいないのではないだろうか。

サンガ前監督の加藤久は、選手のプレースタイルによる相性を無視して、強靭なフィジカルを持ち球際に強い選手ばかりをかき集めた。
チームがこのような選手ばかりで構成されると、どうしても個の力でゴリ押しするようなサッカーになる。
そうなると、強靭なフィジカルは持たないがクレバーな動きのできる柳沢や宮吉のような選手には出番がなくなってしまう。

何と言うか、柳沢が前任者の加藤久の嗜好の犠牲になったような気がしてね。

広告

Written by firefennec

2010年 11月 19日 @ 22:30

カテゴリー: 国内