Planet Blue

D7000に感じるニコンの本気

Nikon D7000が発表されましたね。
普通、噂の段階では期待値込みの情報がリークされて、発売が近づくにつれてトーンダウン。 最終的には現実的なスペックに落ち着くってパターンが多いんだけど、D7000の場合は事前にリークされた内容よりすごい物が出てきたのでびっくりしています。

すでに取扱説明書がダウンロード出来るので一通り目を通してみたのだけど、目で見てすぐ分かるスペックだけではなく、D90を使っていて感じる細かい不満点が解消されるんだよね。
例えばバッテリーチャージャーのコード。 あの長いコード、旅行とかに持って行くのに邪魔ですよね。 チャージャーに直付けアダプタが追加されている。 また、画像のファイル名の先頭にDSCって付くんだけど、これが任意に変えられるようになってたり、記録フォルダを作れるようになってたり。 D80からD90に買い換えたときに同じ名前のファイルができて困ったんだよ。 14bitのロスレスRAW対応とか、中央部重点測光で画面全体の平均が選択できるようになってたりとか、スペック表に現れない部分でも出し惜しみが一切ない。 D90ユーザーなら、より一層D7000の凄さが分かるんじゃないかな。

もちろん視野率100%は嬉しい。 写真の隅に余計な物が写ったら、トリミングするかスポットツールで消すかすれば、という意見はあろうかと思うが、上手く撮れた写真の隅に余計な物が写っていた時のガッカリ感までは消せないのだ。
D300発表の時に、「視野率100%はフラッグシップの特権」という銀塩時代の常識を振りかざして、偽フラッグシップ商法で大儲けしたニコンが中級機に視野率100%を載せてきたのは、EVFに対する危機感を感じる。
「視野率100%はフラッグシップの証」などと言っていたら、光学ファインダーそのものが時代遅れにされかねないからね。 そうなると一番困るのはニコンだろう。 ニコンの強みの一つが位相差AFの精度なのだから。 

非CPUレンズ対応も嬉しい部分だ。 自分もAi Nikkor 55mm F1.2を持っているので、これで露出計が使えればいいなと思っていた。 絞りを決めて、シャッター速度とISO感度を勘で決めて、撮影した画像を見ながら微調整していけば、D90でも使えないわけじゃないんだけど、面倒だったからね。

D7000のスペックがかなりD300Sに近づいたことで、D300Sの後継機がFXになるなんて憶測も一部にあるが、それはないだろう。 D400はAPS-Cで出ると思うんだけど。
2012年6月にロンドン五輪があるから、D4の発売は2011年末だと容易に予測できる。 D400がD4とAFシステムを共有するのなら同時発表になると予想してるんだけど。 

ほぼ間違いなくD90から買い換えることになると思うんだけど、あと気になるのは実際の画質だけだ。
現時点でのサンプルはオフィシャルの3枚と、同じ写真家が撮ったと思われる3枚の計6枚のサンプルだけしかない。
しかし、D90ユーザーが「今度は黄色くないんだろうな」と神経質になっているところに、オフィシャルの1枚目のサンプルを持ってくるニコンのセンスにはうんざりだ。
サンプル画像を見る限り、なんか、やっぱりちょっと黄色っぽく感じるんだよねぇ・・・。
リンク先の1番下の女の子の跳んでる写真を自分好みに調整するとこんな感じになる。

まぁ、もう少しすれば大量にサンプルが出てくるでしょうから、それを見ての判断ですね。

広告

Written by firefennec

2010年 9月 17日 @ 23:13

カテゴリー: カメラ