Planet Blue

18切符の旅 トロッコ列車編

トロッコ列車の奥出雲おろち号に乗るために、広島駅から芸備線を北上します。

ローカル列車に乗り、備後落合駅を目指して北上です。

備後落合駅

奥出雲おろち号

備後落合駅で奥出雲おろち号に乗り換えです。 おろち号は全席指定扱いなので18切符だけでは乗れません。 席が空いていれば、その場で車掌さんから指定席券(510円)を購入して乗り込めます。 備後落合駅で指定席券を購入した人は、私を含めて3人いましたが、全員乗り込めました。 ただ、ほぼ満席だったので指定席券は予め購入しておいたほうがいいですね。

おろち号は屋根付き車両とトロッコ車両の2両編成。 どちらの車両にも指定席が用意されています。 つまり1人当り2つの席が用意されているということ。 雨が降るとトロッコ車両は吹きさらしになってしまいますから、全員が屋根付き車両に避難できるようにってことでしょうね。

備後落合駅で仁多牛弁当なるお弁当を購入。 値段は1000円。
「高けえよ!」と思いましたが、食べる物を何も買ってきてないのでやむなし。

味はすごく甘い。 ごく普通のコンビニで売っているような牛丼弁当です。
これなら広島駅で駅弁でも買ってきた方が良かったかも。

おろちループ橋

出雲坂根駅

連日の猛暑で延命水は枯れていました。
しかし、ポリタンクに延命水が汲んであって、それを配ってもらえました。
この延命水、延命するのかどうかは知らないけど美味かった。
飲んだ人はみんな美味しいって言ってました。

トロッコ列車の駅には出雲神話にちなんだ別名?が付けられています。

萌えない

ホビット?

トロッコ列車は木次で終点。

再びローカル列車に乗り込み宍道に向かいます。

宍道駅では次の列車まで少し時間があったので、駅の周りを散歩してみたけどとてもいい感じの寂れ具合でしたよ。

この後は宍道駅から東へ松江に向かいます。

広告

Written by firefennec

2010年 9月 11日 @ 15:10

カテゴリー: 旅行