Planet Blue

アルゼンチン代表 対 メキシコ代表

勝てたのは副審さん、あなたのおかげですよ。
2点目のミスも、メキシコが1点目の誤審で動揺してくれたのが大きかった。
イグアインが決して易しくはない1対1を決めてくれたことで勝負は決まった。

後半になると前線と中盤のラインが分離して間延びするのがアルゼンチンの特徴だ。
「間延び」というと一般的に悪い意味で使われることが多いが、アルゼンチンの場合スペースを開いてカウンターを狙うという側面もあるので、あれはあれでいいのだろう。

交代も実に理に適ったものだった。

これで次はドイツだ。 手強い相手だと思う。
今大会見た中で2番目に強いチームだと感じている。 1番強いのはブラジルだ。
正直、6分4分ぐらいでドイツ優勢と見ている。
まぁ、でも、今年ミュンヘンで行われた親善試合で勝ってるんで、その時の良いイメージを持って試合を待ちたいと思う。

必殺のロングカウンター炸裂。
こんな感じで、先制点を取れればいいんだけど・・・。

広告

Written by firefennec

2010年 7月 1日 @ 02:03

カテゴリー: 海外