Planet Blue

メキシコ戦に向けて

日曜日に行われるアルゼンチンの決勝ラウンド1回戦のメキシコ戦への準備は続いている。

チームドクターのドナト・ビッラーニは今日、太ももを負傷しているサムエルを含め23人のプレーヤー全員が、フィジカル的にフィットすることを確認している。  これはサムエルがセンターバックに入った場合、ニコラス・ブルディッソが右SBの役割も考慮されていることを意味する。

チームの休日に、メキシコ戦で右SBに戻る予定のホナス・グティエレスは有名なスパイダーマンゴールについて説明した。

「スペインで僕は映画館に行ったんだ。 そこに小さな男の子がいた。 彼は僕にマジョルカのためにゴールを上げるように頼んできたんだ。 彼の大好きなスーパーヒーローはスパイダーマンだった。 だから、僕は彼にゴールを決めたらスパイダーマンのマスクを被るって話したんだ」

もし、マラドーナが再びホナスを右SBに置くならば、メキシコ代表監督ハビエル・アギーレはスピードのある選手をメキシコの左サイドに配置するのが賢明だろう。 そして、メキシコの攻撃をアルゼンチンの右サイドに集中させるように選手に言うだろう。

ギリシャ戦での135回のパス成功が、(1966年から統計の始まった)ワールドカップでの1回の試合で1人の選手によるパス成功回数の新記録であることをFIFAによって確認されたベロンは、再び先発の予定になっている。
ただ、マラドーナはマキシとディマリアのどちらを外すか決めていません。

マキシはギリシャ戦で、左サイドのベロンと共に右サイドでうまくプレーしました。
もちろん、マキシは4年前のドイツW杯でメキシコ相手に素晴らしいゴールをあげました。

ギリシャ戦からの唯一の中盤の変更が、ボラッティからマスチェラーノだけであったとしても驚くことはない。

前線はメッシがフリーローラーとしてトップ下に入り、そのやや前方にカルロス・テベスとゴンサロ・イグアインが入るだろう。

金曜日に、マラドーナはプレトリアで試合前のプレスカンファレンスを行う。
今や誰が、FIFAはマラドーナに決して何も与えないと言えるだろうか?

広告

Written by firefennec

2010年 6月 26日 @ 03:45

カテゴリー: 海外