Planet Blue

日本代表 対 韓国代表

巷では収穫なしの試合ということになっているが、守備面での収穫はあったんじゃないの。

まず、両サイドを同時に上げなくなった。 本番でのCBは中澤と闘莉王だろうが、中澤はともかく闘莉王はスピード不足でカバーリング能力にかなり問題がある。 それなのに両サイドを上げるのはかなり危険だと思っていたので、上がるのを片側だけにしてくれたのはだいぶリスクが減る。
ボランチが前線までプレスに行って、バイタルエリアをお留守にするのも減った。 長谷部と遠藤の守備力は低いが、それでもロングボールを竸ったり、こぼれ球を意識するようになった分だけ多少はマシになったかなと。

一方、攻撃はかなり重症だな。 試合後の選手のコメントを見ても、選手間で意見が割れている。
長谷部は「もっと速い選手、もっと仕掛けられる選手が必要」と言っている。 逆に言えば、遅くて仕掛けられない選手は不要ということだ。 誰のことを言っているのかは明白だ。
俊輔や遠藤は「連動性が失われている」と指摘している。 これは新しく入ってきた本田圭佑に対する批判であり、サイドバックの上がりを抑えた岡田監督の戦術に対する批判でもある。

本田圭佑は「早く行きたい人とそうでない人と、まだ分かれている感じはする」とコメントしている。
速く攻めたいと考えているのは、代表の試合のたびにカウンターの重要性を説く大久保を筆頭に、本田と長谷部。 逆に手数を掛けてサイドバックも含めて連動して攻めたいと考えているのが、俊輔と遠藤。 何も考えていないのが岡崎。 といった感じか。
どっちが正しいとか間違っているとかいうより、同じ絵を描けていないのが問題だ。
この2つのグループには、プレースタイルやサッカー観の違いの他にジェネレーションギャップみたいなものも感じるので、溝は結構深いように感じられる。

すでにメンバーも決まってしまった段階で解決策を見出すのは難しいが、現実的かつ即効的なのは前田を入れて2トップにすることか。 前田ならDFを背負いながらでも足元にボールを収められる。 前田がポストプレーをすることで、岡崎や森本が苦手なポストプレーをすることなく裏を狙える。 縦にクサビを入れて前線で起点を作り、中盤に落としてサイドに展開というわかり易い形ができる。 前田はクロスのターゲットにもなれる。 
問題は前田がメンバーに入るには、誰かが抜けなければならないということだが。

まぁ、前田がメンバーに入っても、岡田監督が論理的に考えて機能するはずのない岡崎や森本の1トップに固執しているのだから、やはり無理だろうか・・・。

広告

Written by firefennec

2010年 5月 26日 @ 04:11

カテゴリー: 国内