Planet Blue

第4節 セレッソ大阪 対 浦和レッズ

長居にセレッソとレッズの試合を見に行ってきました。

今季は初の現地観戦です。
神戸とどっちに行こうか迷ったんだけど、ポンテが6月で退団する可能性が高いみたいなので、ポンテのプレーを生で見たいなと思ってレッズの試合を見に行くことにしました。
ポンテはレバークーゼンでフランサと一緒にプレーしてた頃から知ってますからね。
本当ならガンバとレッズの試合を見に行きたかったんですが、万博だとチケットを取るのが難しい。
長居なら余裕で入れるでしょ、という事で長居に行ってきました。

諸事情によりアウェイのレッズサポーター席からの観戦です。

セレッソ大阪
アドリアーノ
香川
尾亦 高橋
マルチネス アマラウ
上本 茂庭
羽田
キム
浦和レッズ
田中 エジミウソン
エスクデロ ポンテ
柏木 阿部
宇賀神 細貝
坪井 山田
山岸

両チームのスタメンはこんな感じ。
柏木がボランチに入り、エスクデロがSHで先発だったのだけが意外だっただろうか。

試合は開始からレッズペース。 ボールキープの7割方はレッズだったんじゃないかな。
自らアクションを起こしパスを回すレッズの攻撃は見ごたえがあった。
そのレッズのアクションサッカーのトリガーになっていたのは田中達也だった。

セレッソもボールはキープされつつもゴール前の危ないところには入れさせなかったのだが、上本のクリアミスから失点。
この失点で「もうダメかな」と思った矢先に、アドリアーノが強引に突破して同点ゴール。
アドリアーノ、偽者だと思ってたけどやるじゃん。

前半は1対1で終了。

後半9分、阿部からのパスを受けたエジミウソンがゴール。 
ゴール後、エジミウソンはテベスばりの腰クネクネw

・後半24分 田中達也→鈴木啓太

浦和レッズ
エジミウソン
柏木
原口 ポンテ
鈴木 阿部
宇賀神 細貝
坪井 山田
山岸

この交代でレッズは、4-2-3-1となった。
「ポンテと柏木の位置は逆じゃないの?」とか「2対1で逃げ切るつもりなら、ポンテを下げたら?」とか思ったんだがね。

・後半26分 茂庭→家長

セレッソ大阪
アドリアーノ
香川 家長
アマラウ マルチネス
尾亦 高橋
上本 羽田
キム

レッズがエジミウソンの1トップになったのを見たセレッソは、即座に家長を投入して2バックに移行。

・後半32分 尾亦→石神

セレッソ大阪
アドリアーノ
香川 家長
アマラウ マルチネス
石神 高橋
上本 羽田
キム

さらに尾亦に代えて石神を投入し、ポンテの裏のスペースを突く作戦に出る。
この交代は見事に功を奏し、石神のクロスから香川が得点。
この得点は個人技ではなく戦術で取った見事なものだった。

しかし、その直後にエジミウソンに突破され角度のないところからゴールを許す。
まさか、エジミウソンの腰クネクネを2回も見ることになるとはw

・後半43分 ポンテ→堀之内

この交代はセオリー通りだが、ちょっと遅すぎるんじゃないかな。

試合はこのまま3対2でレッズの勝利に終わった。

試合を見て感じたこと。

・坪井は素晴らしいディフェンダー

レッズにもピンチはあったのだが、それを卓越したスピードでカバーしていたのが坪井。

・細貝はサイドではもったいない

やはり細貝はいい選手。
阿部をCBに下げて、細貝がボランチ、山田が右SBがいいのではないかと思った。

・ポンテはまだ出さない方がいい

何だかんだ言ってもレッズの攻撃の中心はポンテ。 昨シーズンの序盤に首位に立てたのもポンテが絶好調だったからだ。 ポンテが怪我で離脱するとズルズル順位を下げていった。
今季のポンテのコンディションに問題があるようには見えないし、柏木や山田直にポンテの代わりは難しい。 もし本当にポンテが6月で退団するなら、レッズにとってはかなりマイナスになると見る。

・柏木は物足りない

柏木には6月のW杯後の日本代表の新チームで中核になって貰いたいぐらい期待している。 しかし、この試合のパフォーマンスは物足りなかった。 もっとやれるはずだ。 この状態が続くようだと伸び悩む危険性大。 

・フィンケ監督は理想主義者

自分はレッズサポじゃないからレッズの勝敗はどうでも良くて、面白いサッカーをしてくれた方がいい。 そういう意味でフィンケ監督のサッカーは好きだ。 少なくとも、引いて守ってワシントンに放り込むサッカーをしていたギドよりは全然いい。
ただ、相手のストロングポイントを消すことよりも自らアクションを起こすことにこだわり、受けに回ることを極端に嫌うフィンケ采配だと、どうしても勝負弱い面が出てくるのかなという気はする。

レッズの感想ばかりだが、やっぱレッズサポに囲まれてみてると、こっちまでレッズを応援しているような気分になるのよw

一方のセレッソだが、苦しい戦いが続くんだろうなと。 降格するかどうかは分からないが、残留争いに巻き込まれるのは必至な感じ。 最大の危惧は、チーム状況が悪い中でブラジル人3人が勝手にやり始めるんじゃないかってことだね。

広告

Written by firefennec

2010年 3月 28日 @ 20:43

カテゴリー: 国内